本文へジャンプ

合格に導く大原の講義

簿記講座

合格に必要な力、それは”問題を読み解く力”

簿記合格には、実務に必要な知識が重要!

簿記では、企業で行われた取引を記録(仕訳など)・集計し、企業の成績表(もうけなど)を作成することを学習します。これにより、企業経営における資金の流れなど、経理職だけにとどまらない実務に必要な知識が身につきます。
したがって、簿記の検定試験でも実務に役立つ内容が出題され、その出題例として、企業で行われた取引を端的に記録する仕訳などが問われます。では、仕訳の出題例をもとに、いかに読み解くかを確認してみましょう!

出題例で見る、”読み解く力”

【例題】次の取引の仕訳を行いなさい。

A家具店は、販売用のオフィス机¥800,000をB社より購入し、代金のうち¥500,000は小切手を振り出して支払い、残額は後日支払うこととした。

【解答】

仕入
800,000
当座預金
500,000
買掛金
300,000
この問題を読み解く

単なるオフィス机であれば「備品」となりますが、販売用とあるため、商品の購入に該当し、この場合には、「仕入」と記録します。

小切手の振り出しは、当座預金(銀行の預金の一種)の引き出しを意味するため、「当座預金」と記録します。

商品購入において代金を後日支払うことを「掛取引」といい、この場合には「買掛金」と記録します。

”読み解く力”が身につくカリキュラム

INPUT3ステップレクチャーで知識を習得!

STEP1図解・イラスト

言葉では理解しにくい箇所などでも、まずは図解やイラスト等でイメージ。

STEP2具体的解法

イメージで内容を把握したら、具体的な計算方法等を確認。

STEP3設例

設例を通して、計算方法や問題の解き方等をマスター。

OUTPUT時間配分・解答手順など実践的なスキルを養う

項目別問題

より本試験に近い問題を項目別(問題別)に確認

本試験予想問題

予想問題を使ってトレーニング+解説

合格に導く充実の講義内容

理解重視

詳しい解説に重点を置いた理解重視型の講義だから記憶に定着しやすい!

コンパクト

メリハリの効いたテンポの良い講義。無駄を省き合格に必要な項目を網羅!

人気&実力

各級担当講師は簿記・会計講座で受験指導に専念するプロ!

熱意

講義だけでなく、教材作成や質問対応など受験指導に関わるすべてを担う!

板書

整理された板書はわかりやすく復習も容易!

分析力

試験最新情報の提供だけでなく、出題範囲改定にもいち早く対応!