2018中小企業診断士デジタルパンフ
30/48

中小企業診断士中小企業診断士3030[充速インプットシリーズ]Web通信7科目トータル130時間分を30時間に凝縮!『中小企業診断士30』の講義時間は、1講義当たり60分を上限として、受験する方の負担を極限まで軽減します。その結果、従来の1次試験対策商品の7科目分の学習時間130時間を30時間にすることができました。効率性を追求してできた空き時間は、問題演習に、復習に、多くの時間を割くことができます。30時間に凝縮!最短で中小企業診断士試験を突破するために開発した『中小企業診断士30』その最大の特徴は、提供する「講義」。必要な情報を短時間でお伝えするため、講義展開や説明方法を徹底的に科学し、その結果1次試験7科目分でこれまで130時間※のインプット講義を30時間にまで凝縮しました。合格方法を知り尽くした大原が新開発した『中小企業診断士30』。初めて学習される方、学習経験・受験経験のある方にも、最高にご満足いただける講座です。※大原の1次試験対策[52回×150分]で算出●1次トレーニング問題集(科目別)●科目別1次過去問題集●レジュメテキスト必要な情報を短時間で効率的にご提供!必要な情報を短時間でお伝えするため、講義展開や説明方法を徹底的に科学し、その結果1次試験7科目分でこれまでの130時間のインプット講義を30時間までに凝縮しました。また、講義時間が1時間以内なのでスピーディにご視聴いただけ、自習時間をしっかりと確保することができます。FULL & SPEEDY1講義 1時間!一般的なスクールの講義時間は2~3時間と長く、集中力を持続することが難しい状態でした。『中小企業診断士30』では、1講義を60分(30分×2回)で学ぶことができます。また例えば10分~15分ごとに時間を区切っての学習も可能です。隙間時間の活用に大変便利です。O-hara micro learning単元ごとの学習も可能!レクチャー画面は、レジュメテキスト冊子として添付されるので、そのまま高度な暗記ツールとして活用できます。通勤時間・すきま時間は充実の学習時間へ変化します。暗記にも便利なレジュメテキスト映像を駆使し、瞬時の理解が可能!イメージのしにくかった難解な項目も、動きのある映像講義と講師による的確な解説で瞬時の理解が可能になります。レクチャー画面はシンプルに構成されますので、本試験時に画面が頭に浮かんできます。現金 24,000 資産の評価 簿記の目的 取引 仕訳 勘定 主要取引の処理 決算整理 財務諸表の作成 原価計算の基礎 実際原価の計算 標準原価計算 第2章 簿記・原価計算編 第9章 第8章 第7章 第6章 第5章 第4章 第3章 第1章 損益計算書 Profit and Loss statement 貸借対照表 Balance Sheet 費 用 収 益 資 産 負 債 純資産 12月31日 従業員に給料\7,000を現金で支払った。 ① 会社からはお金が出ていったので、現金という資産が減った。 借 方 貸 方 借 方 貸 方 +++++② 給料を支払ったので、給料という費用が発生した。 現金 17,000 1損益計算書 Profit and Loss statement 借入金 15,000 資本金 10,000 受取手数料 9,000 給料 7,000 2 Finance Accounting  第4節 損益計算書 と 貸借対照表 簿記の目的取引仕訳勘定主要取引の処理決算整理財務諸表の作成第第22章章簿記・原価計算編第第44章章第第33章章第第11章章現金17,00011損益計算書借入金15,000 資本金10,000 受取手数料給料7,000 22「トレーニング問題集」と「過去問題集」で徹底した1次対策の問題演習。暗記にも便利なレジュメテキスト全てを冊子でお届けいたします。2018年受験対策29

元のページ 

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です