2018・2019 中小企業診断士 速修 デジタルパンフ
2/16

『中小企業診断士30』の講義時間は、1講義当たり60分を上限として、受験する方の負担を極限まで軽減します。その結果、従来の1次試験対策商品の7科目分の学習時間130時間を30時間にすることができました。効率性を追求してできた空き時間は、問題演習に、復習に、多くの時間を割くことができます。7科目トータル130時間分を30時間に凝縮!30時間に凝縮!最短で中小企業診断士試験を突破するために開発した『中小企業診断士30』その最大の特徴は、提供する「講義」。必要な情報を短時間でお伝えするため、講義展開や説明方法を徹底的に科学し、その結果1次試験7科目分でこれまで130時間※のインプット講義を30時間にまで凝縮しました。合格方法を知り尽くした大原が新開発した『中小企業診断士30』。初めて学習される方、学習経験・受験経験のある方にも、最高にご満足いただける講座です。※大原の1次試験対策[52回×150分]で算出●1次トレーニング問題集(科目別)●科目別1次過去問題集●レジュメテキスト必要な情報を短時間で効率的にご提供!「トレーニング問題集」と「過去問題集」で徹底した1次対策の問題演習。暗記にも便利なレジュメテキスト全てを冊子でお届けいたします。中小企業中小企業診断士診断士3030[時間の達人シリーズ]Web通信一つの単元ごとに30分で学習いただけます。したがって、仕事の休憩時間・移動中など、合間の少しのすきま時間があればいつでもどこでも学習できます。Q.なかなかまとまった学習時間を確保できない映像のみで講義は完結します。講義を繰り返しご視聴いただくことで、理解度がアップします。スマホやタブレットがあれば、もう何冊ものテキストを持ち歩く必要はありません。Q.7科目分の教材を持ち歩くのは大変アウトプットの教材も充実。「トレーニング問題集」「過去問題集」を送付します。本試験頻出・重要問題のアウトプットトレーニングができます。映像と問題を繰り返すことで合格レベルの実力が身につきます。Q.インプットだけで合格できるの?「中小企業診断士30」はこんな方にオススメします!AAA1

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る