2017.6〜2018.8 公認会計士 上級コース1 デジタルパンフ
41/64

論文科目合格レベル3レベル短答合格レベル2レベル短答受験レベル1レベル受講対象者カリキュラム財務会計論(理論)新会計基準が続々と公表されている昨今において、財務会計論(理論)の学習は、会計基準の現状や方向性を大局的に把握し、首尾一貫した概念の体系に基づいて知識を整理することが重要になります。大原では、「財務会計の概念フレームワーク」を軸としたテキストをすでに完成させており、受験経験者のための奥義レクチャー、上級論文対策レクチャー、基礎から積み上げる理論レクチャーで使用していきます。また、今後法令等の適用日までに施行又は公布される法律に関連して改正される論点については、随時必要に応じて特別講義を実施し、また答練でフォローしていく予定です。(理論)奥義レクチャー基礎概念と頻出会計基準の完全攻略!多くの受験生が苦手とする基礎概念と頻出の会計基準を網羅的に確認し、短答式本試験で80%を超える得点の獲得を目指します。7月 10回テキスト、問題集、ポケットコンパス基礎概念(財務会計の概念フレームワーク、収益と費用、資産と負債など) 会計基準(退職給付基準、連結基準、企業結合基準、変更誤謬基準、包括利益基準など)1レベル2レベル開講回数使用教材講義範囲受講対象者(理論)上級論文対策レクチャー論文重点出題範囲と国際会計の完全攻略!短答式試験免除者向けのレクチャーです。論文式本試験に必要な論点を網羅的に復習します。論文重点出題範囲を国際会計の考え方に触れつつ紹介していきます。11月 8回テキスト、問題集、ポケットコンパス論文式試験における重点出題範囲(財務会計の基礎概念、純資産、財務諸表など)2レベル3レベル開講回数使用教材講義範囲受講対象者(理論)レクチャー基礎まで遡って全範囲を一気に復習!財務会計論(理論)を基礎から学び直したい方に最適のレクチャーです。受験会計学の全体を、重要度や難易度により強弱をつけながら、効率的に網羅することを目指します。6月以降 22回テキスト、問題集、ポケットコンパス基礎概念(財務会計の概念フレームワーク、収益と費用、資産と負債など) 会計基準(退職給付基準、連結基準、企業結合基準、変更誤謬基準、包括利益基準など)1レベル開講回数使用教材講義範囲受講対象者(理論)論文総まとめレクチャー論文重要論点の最終チェック!論文式本試験における「重点出題論点」を網羅的にカバーした論文総まとめテキストを用い、論点の最終チェックを行います。2018年4月 1回テキスト論文総まとめ1レベル3レベル開講回数使用教材受講対象者上級短答実力養成答練短答論点の基礎知識を再確認しよう!※上級短答実力養成答練につきましては、自己採点問題となるため採点は行いません。財務会計論(理論)の全範囲を6回に分け、Aランク(確実に得点すべき)問題を中心に実施される短答対策の答練です。3時間の枠の中で、毎回2回分ずつ実施します。上級短答実力養成答練を通じて、基礎知識の再確認を行い、明らかになった弱点分野は短答直対答練までに克服しておきましょう。もちろん、解説を聞くことで、弱点の補強も期待できます。9月 3回1レベル開講回数受講対象者短答直対答練(2時間答練)本試験レベルの答練[2017年12月受験][2018年5月受験]財務会計論は、計算と理論からそれぞれ出題がなされます。本講座では、2時間(120分)を計算と理論でどのように配分するかなど、実践的な問題演習を通じて習得していただきます。答練実施後には、約1時間の解説を予定しています。(前期)10月(後期)2018年3月 各4回1レベル開講回数受講対象者レクチャー答 練■受講料(財務会計論・会計学 答練)※通学・通信とも、入学金は不要です。論文基礎答練Ⅰ・Ⅱ(全5時間答練)基礎レベルの答練財務会計論、管理会計論を会計学ⅠとⅡに分けて実施します。基本的かつ典型的論点を中心としながら、応用問題を若干組み合わせて出題します。基礎論点の確認と答案作成上不可欠な時間配分の要領を習得するために最適の答練です。12月・2018年1月8回(会計学Ⅰ・Ⅱ各4回)1レベル3レベル開講回数受講対象者論文直対答練Ⅰ・Ⅱ(全5時間答練)出題予想に基づく答練財務会計論、管理会計論を会計学ⅠとⅡに分けて実施します。試験委員の直近の情報を分析して、出題可能性の高い論点を中心に本試験予想問題として出題していきます。論文対策における総仕上げとして活用してください。2018年5月8回(会計学Ⅰ・Ⅱ各4回)1レベル3レベル開講回数受講対象者論文応用答練Ⅰ・Ⅱ(全5時間答練)本試験レベルの答練財務会計論、管理会計論を会計学ⅠとⅡに分けて実施します。少々難易度の高い問題や切り口の異なった多彩な問題を出題していきます。また、試験委員固有の論点やトピック的な論点も出題項目に交え、本試験突破に必要なすべての論点を網羅します。2018年2月8回(会計学Ⅰ・Ⅱ各4回)1レベル3レベル開講回数受講対象者答 練※上級短答実力養成答練につきましては、自己採点問題となるため採点は行いません。 講義名受講料(消費税8%込)教室通学・映像通学通信(採点・Web解説)通信(採点・DVD解説)ステップ答練Ⅰ一般価格47,000円50,200円大学生協等割引価格44,650円47,690円本コース生割引価格37,600円40,100円ステップ答練Ⅱ一般価格41,200円44,000円大学生協等割引価格39,140円41,800円本コース生割引価格32,900円35,200円ステップ答練直対一般価格11,800円12,600円大学生協等割引価格11,210円11,970円本コース生割引価格9,400円10,000円上級短答実力養成答練※一般価格8,800円9,400円大学生協等割引価格8,360円8,930円本コース生割引価格7,000円7,500円講義名受講料(消費税8%込)教室通学・映像通学通信(採点・Web解説)通信(採点・DVD解説)会計学 論文基礎答練Ⅰ・Ⅱ一般価格23,600円25,000円大学生協等割引価格22,420円23,750円本コース生割引価格18,800円20,000円会計学 論文応用答練Ⅰ・Ⅱ一般価格23,600円25,000円大学生協等割引価格22,420円23,750円本コース生割引価格18,800円20,000円会計学 論文直対答練Ⅰ・Ⅱ一般価格23,600円25,000円大学生協等割引価格22,420円23,750円本コース生割引価格18,800円20,000円40

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です