資格の大原トップ ≫ 講座一覧&最新合格実績 ≫ 米国公認会計士トップ

米国公認会計士

大原なら単位取得費がかかりません!
無料カウンセリング
Web無料体験講義
Rogerテキスト限定販売

デジタルパンフレット

全国版
全国版
     

希望校の開講日程がご覧になれます

首都圏・信越版 デジタル版

東京水道橋校

映像通学視聴日 デジタル版

全国共通

通信発送予定 デジタル版

全国共通

 

米国公認会計士のガイダンスやセミナーがご覧いただけます

その名の通り米国各州が認定する公認会計士です。
米国の資格でありながら、日本をはじめ世界中の様々な業種、職種、年齢の方が就・転職、キャリアアップなどのさまざまな目的で米国公認会計士試験にチャレンジされています。このことからも米国公認会計士は、世界で最も広く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。学習内容は、会計・税法・商法・監査・IT・ファイナンスなど実務に活かせるレベルの専門知識を体系的に、そして「英語」で習得できます。よりレベルの高い「専門力」と「英語力」が求められる時代となり、米国公認会計士試験の学習内容自体が大きな魅力となるのです。
現在AICPA(米国公認会計士協会)に登録している会員は、34万人を超えますが、会計事務所で監査業務等に従事する米国公認会計士は、全体の4割に過ぎません。その他の6割は事業会社や官公庁で会計・財務を中心とする幅広いポジションで活躍しており、経営職としてCFO(最高財務責任者)さらにはCEO(最高経営責任者)といったポストに就く例も決して少なくありません。日本国内で米国公認会計士資格を活かせる場は、監査法人等での監査業務などいわゆる会計専門職、一般企業での経理・財務・内部監査業務、コンサルティング会社など多種多様です。

米国公認会計士の魅力
◆米国公認会計士講座説明会

米国公認会計士の魅力

試験制度について
◆米国公認会計士講座説明会

試験制度について

出願州の選び方
◆米国公認会計士講座説明会

出願州の選び方

主な出願州の受験資格
◆米米国公認会計士講座説明会

主な出願州の受験資格

受験スケジュール
◆米国公認会計士講座説明会

受験スケジュール

合格カリキュラム
◆米国公認会計士講座説明会

合格カリキュラム

受講スタイル
◆米国公認会計士講座説明会

受講スタイル

フルパックコース
◆米国公認会計士講座説明会

フルパックコース

米国公認会計士講座第2講
◆米国公認会計士講座

REG-TAX
第2講

CPA Review オンライン講義
◆米国公認会計士
ロジャー氏 講義

Roger CPA Reviewのオンライン講義

※ご視聴にはADSL以上のインターネット環境を推奨します。

PDFファイルをご覧になるには Adobe Reader が必要です。お持ちでない方は、右のバナーをクリックしてアドビ社のサイトからダウンロードしてください。(無料)

  • 電話
  • メール
  • 来校
  • 通学講座体験入学
  • 通信講座体験
Web DVD
  • 受講申込
  • 通信講座・インターネット申込み
【ローンのご案内】
【書籍のご案内】
  • 大原書籍サイト
  • 合格者の声
  • 就職活動成功者の声
  • ご自宅にいながら、大原の体験講義を視聴できます!
  • Web通信がスマホ・タブレットでも学習できるようになりました!
  • 大原キャリアスタッフ