学術講演会・シンポジウム

社会科学研究所主催 第3回講演会
「統一的な基準に基づく地方公会計制度における財務書類の活用と先進事例」

セミナー写真セミナー写真
実施日時 2017年11月1日(水)15:00〜17:00
実施場所 大原学園本館4階講堂
特別講演 「統一的な基準に基づく地方公会計制度における財務書類の活用と先進事例」
大宅千明氏
(総務省自治財政局財務調査課 課長補佐)
研究報告 「「統一的な基準」による財務書類の利活用」
尾上選哉氏
(大原大学院大学教授)
司会 安部秀俊氏
(大原大学院大学助教)

地方自治体の関係者の方々や大原学園職員など60名以上の参加者の中、社会科学研究所主催の特別講演会地方公会計を実施した。
総務省自治財政局財務調査課課長補佐の大宅千明氏をお迎えし、「統一的な基準に基づく地方公会計制度における財務書類の活用と先進事例」というタイトルでご講演を頂いた。統一的な基準による全国地方自治体の財務書類の公表が迫る中、財務書類を地方自治体の外部および内部に対して有効に利用する活用方法に関心が高まっている。今回のご講演では、単に財務書類の作成にとどまらず、具体的な利用や活用の方法について、先進的な取り組みを行なう地方自治体の事例をご紹介頂きながらご説明を頂いた。講演会の後には活発な質疑応答も行われた。
また、当大学院教授の尾上選哉氏より「「統一的な基準」による財務書類の利活用」というタイトルで研究報告がなされた。

当日の資料をご希望の方は、下記までEメール、電話もしくはFAXでお問い合わせ下さい。

大原大学院大学社会科学研究所 事務局
Eメール:grad@mail.o-hara.ac.jp
電話:03-3237-8760(平日 9:00〜18:00)
FAX:03-3237-8340

社会科学研究所主催 第2回講演会
「地方公会計制度の現状と課題」

セミナー写真
実施日時 2016年11月30日(水)15:00〜17:30
実施場所 大原学園本館4階講堂
基調講演 溝口洋氏
(総務省自治財政局財務調査課長)
報告 中神邦彰氏
(一般社団法人地方公会計研究センター理事・専門委員、公認会計士・税理士)
古市雄一朗氏
(大原大学院大学准教授)
司会 尾上選哉氏
(大原大学院大学准教授)

地方公共団体の職員の方々を含め50名以上の参加者を得て、地方公会計シンポジウムがに開催された。総務省自治財政局財務調査課長の溝口洋氏に「地方財政における地方公会計の意義について」と題して基調講演を頂いた。また、一般社団法人地方公会計研究センター理事・専門委員の中神邦彰氏からは「貸借対照表からみた地方自治体」、当大学院准教授の古市雄一朗氏からは「公会計における発生主義と複式簿記の意義」と題する報告が行われた。さらに、司会の当大学院准教授の尾上選哉氏からは、日本会計研究学会特別委員会における「新地方公会計に関する実態調査」についての概要も報告された。
 各講演・報告の後にパネル・ディスカッションを行い、活発な議論が行われた。会場の参加者の方からの質疑応答もあり、大変活気のあるシンポジウムとなった。

当日の資料をご希望の方は、下記までEメール、電話もしくはFAXでお問い合わせ下さい。

大原大学院大学社会科学研究所 事務局
Eメール:grad@mail.o-hara.ac.jp
電話:03-3237-8760(平日 9:00〜18:00)
FAX:03-3237-8340

社会科学研究所主催 第1回講演会
「地方公会計セミナー
−新公会計10年間の経験を踏まえ、公会計の新しい展開を考える−」

セミナー写真
実施日時 2016年6月22日(水)15:40〜17:10
実施場所 大原大学院大学(大原学園10号館)
講演者 中神邦彰氏
(一般社団法人地方公会計研究センター理事・専門委員、公認会計士・税理士)

地方自治体の職員の方などを含め、50名以上の参加者を得て、大変盛況な講演会となった。平成18年の夕張市の財政破綻からはじまった公会計研究の変遷について、中神氏より大変興味深くご紹介を頂いた。また、公会計と民間会計の基本的な相違点、財政的な課題や意識的課題の視点といった今後の公会計研究に関する課題について大変分かり易くご説明を頂いた。

当日の資料をご希望の方は、下記までEメール、電話もしくはFAXでお問い合わせ下さい。

大原大学院大学社会科学研究所 事務局
Eメール:grad@mail.o-hara.ac.jp
電話:03-3237-8760(平日 9:00〜18:00)
FAX:03-3237-8340