2019年 公務員(行政系)デジタルパンフ
24/78

公務員試験は何歳まで目指せる?!29歳でも受験チャンスあり!!既卒の方にも、社会人の方にも、大学生と同じように公務員になるチャンスがあります!気になる自治体があったら、まずは最新の受験資格を調べてみてください!公務員採用試験では、民間企業と比較して、大学生が受験する大卒程度試験区分の年齢制限の設定が高く、自治体によっては30歳を過ぎていても受験が可能です。社会人の場合、職務経験を活かした経験者採用枠もありますが、経験年数の制限があり、加えて採用枠が大卒程度に比べ少なく、志望の自治体で採用される可能性が低い試験と言えます。そのため、年齢要件を満たしている方には、受験先の選択肢が圧倒的に多い大卒程度試験の方が断然オススメです!国家公務員192021222324252627282930313233343536373839国家総合職(院卒者)23~29歳国家総合職(大卒程度)21~29歳国家一般職(大卒程度)※119~29歳衆議院総合職・一般職(大卒程度)21~29歳参議院総合職21~26歳国税専門官21~29歳財務専門官※119~29歳裁判所総合職(大卒程度)21~29歳裁判所一般職(大卒程度)※119~29歳※1 19~20歳は短期大学または高等専門学校を卒業ないし平成30年3月に卒業見込みの場合です。  ※2 年齢は平成29年4月1日時点地方公務員 都道府県・政令指定都市192021222324252627282930313233343536373839北海道、神奈川県、埼玉県、千葉県(一般行政A)、新潟県、岡山県A、横浜市、静岡市、名古屋市、岡山市、北九州市(行政Ⅰ・行政(総合))21~29歳青森県、茨城県、群馬県、東京都Ⅰ類B、石川県、岐阜県、愛知県、三重県(行政Ⅰ)、兵庫県、奈良県、島根県(行政)、広島県(一般事務A)、山口県、香川県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、川崎市、福岡市21~28歳東京都Ⅰ類A23~30歳岩手県、栃木県、三重県(行政Ⅱ)、島根県(警察事務)、熊本市21~31歳宮城県、福島県、富山県、山梨県、長野県(行政A)、和歌山県、鳥取県、熊本県、仙台市、相模原市21~34歳千葉県(一般行政B)24~34歳京都府(行政Ⅱ)26~34歳東京都特別区Ⅰ類21~30歳山形県21~38歳静岡県、千葉市、新潟市、堺市21~27歳秋田県、福井県、滋賀県(行政A)、愛媛県21~33歳長野県(行政B)、大阪府、佐賀県(行政特別区)、鹿児島県(総合行政特別枠)、大阪市21~24歳徳島県21~35歳札幌市、広島市~28歳さいたま市21~26歳浜松市~27歳神戸市(一般枠)~26歳神戸市(特別枠)~23歳京都府(行政ⅠA・行政ⅠB)、京都市、堺市(行政B)、北九州市(行政(特別枠))、広島県(一般事務B)21~25歳京都府(行政Ⅰ(10月))22~26歳岡山市(事務特別枠)26~33歳※1 年齢は平成29年4月1日時点受験資格 平成29年度(国家・都道府県・政令指定都市/大卒程度)事務系職種 年齢制限もももも受自治自治自治自治体に体に体に体によっよっよっよっては30歳を過ぎていても受験が可能22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る