関西エリア

資格の大原

集中資格取得コース

ご相談・お問合せは
お気軽にどうぞ!

  • TEL
  • 06-4806-8615
簿記+情報処理コース

学習スケジュール

下記コースプランは、あくまでモデルプランですので、下記以外の検定スケジュールを立てることも可能です。
コーススケジュールについてご質問のある場合は、お気軽にお問い合わせください。

学習スケジュール

時間割例

基本情報技術者の基礎授業期のモデルカリキュラム

時間割例
  • カリキュラムは、各種検定試験の日程により、一部変更となる場合があります。
  • また、各学校により若干カリキュラムの内容が異なる場合があります。

科目紹介

基本情報技術者
情報処理技術者試験のレベル2。基本情報技術者試験は、IT サービス業務で上位者の指導の下、情報技術を活用した戦略への参加や、システムの設計・開発や製品の最適化、システム構築や運用サービスを担う者を対象とした試験。主にプログラマー向けの試験として位置づけられている。
応用情報技術者
情報処理技術者試験のレベル3。試験では情報技術を活用した戦略立案や、システムの設計・開発・運用など様々な知識が求められる。技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力が身に付き、システム開発、IT 基礎構築などの局面で、高いパフォーマンスを発揮することができる。
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
情報を制するものがビジネスシーンをリードしていく時代。多くの企業で情報活用能力をもつ優秀な人材が求められています。エクセルやワードなどマイクロソフトが提供するオフィスソフトの専門的な知識・技術を習得することが可能です。エキスパートとしての資質が養えます。
簿記2・3級
事務・経理を目指す方には必須の資格です。2 級では株式会社の会計主任者向きの商業簿記と初歩的原価計算を含む工業簿記を修得します。3 級では個人商店で利用する商業簿記の知識を学習します。さらに、財務分析手法など応用力を磨く学習をします。
医療請求事務
診療費の計算方法である医療請求事務を学びます。レセプト(診療報酬明細書)をスピーディーかつ正確に作成する能力が問われ、医療機関への就職には必須の資格です。
医療秘書実務
医療機関で働く際に必要となる解剖生理学・医療用語・健康保険法などの医療関連知識と、患者さんとの応対の際に身につけておきたい接遇マナーを学びます。