関西エリア

資格の大原

集中資格取得コース

ご相談・お問合せは
お気軽にどうぞ!

  • TEL
  • 06-4806-8615
キャリアアップをサポートする大原独自の「受講料減免制度」

試験による特別奨学生制度

POINT 1

最大受講料全額免除

POINT 2

受講チャンスは3回

POINT 3

受講料無料

  • 認定ランクと減免内容
  • Aランク 入学金と受講料2年間 Bランク 入学金と受講料1年間
    Cランク 入学金と受講料一部 Dランク 入学金全額 Eランク 入学金半額
受付期間
  1. <第1期>2017年10月1日~2017年10月5日(必着)
         ※AO入学の方は2017年8月1日~2017年10月5日(必着)
  2. <第2期>2017年10月6日~2017年11月21日(必着)
  3. <第3期>2017年11月22日~2018年3月2日(必着)
選 考 日
  1. <第1期>2017年10月9日(祝・月)
  2. <第2期>2017年11月23日(祝・木)
  3. <第3期>2018年3月4日(日)
選考会場
  1. <第1期>大阪校会場(新大阪)・神戸校会場・京都校会場・和歌山校会場・姫路校会場・堺会場(大阪)・奈良市会場(奈良)・八木会場(奈良)・豊岡会場(兵庫)・舞鶴会場(京都)・田辺会場(和歌山)・新宮会場(和松江会場(島根)・高松会場(香川)・徳島会場(徳島)・高知会場(高知)の各会場
  2. <第2期>大阪校会場(新大阪)・神戸校会場・京都校会場・和歌山校会場・姫路校会場・堺会場(大阪)・奈良市会場(奈良)・八木会場(奈良)・田辺会場(和歌山)・新宮会場(和歌山)・岡山会場(岡山)・鳥取会場(鳥取)・高松会場(香川)の各会場
  3. <第3期>大阪校会場(新大阪)・神戸校会場・京都校会場・和歌山校会場・姫路校会場・堺会場(大阪)・奈良市会場(奈良)・八木会場(奈良)・田辺会場(和歌山)・岡山会場(岡山)・鳥取会場(鳥取)・高松会場(香川)の各会場
選考方法
  1. (1)筆記試験(マークシート式)
    <必須科目> 国語
    <選択科目(1科目選択)> 数学・英語・歴史・公民・簿記
  2. (2)面接(簡単な目標確認のみ)
  3. (3)成績証明書による書類選考
試験時間 午前10時から午後2時
※終了時間は、面接の順番により異なります。※集合時間は、午前9時50分です。
提出書類
  1. (1)特別奨学生試験受験願 (上半身写真貼付…サイズ縦3.0cm×横2.5cm)
  2. (2)大学・短期大学または専門学校の成績証明書
    ※ご提出頂きました書類は返還致しません。
受験規約 第1期または第2期で認定された方が再受験を希望された場合には、
前回の認定は取り消されますのでご注意下さい。
※受験料は無料です

学歴による入学金減免制度

  • 減 免 内 容
  • 入学金全額
該 当 者
  • 4年制大学卒業生及び卒業見込の方
  • 4年制大学2年次以上修了したと認められる方
  • 本校において認定された方(高等学校の卒業生以上を対象)
  • 短期大学卒業生及び卒業見込の方
  • 専門学校(2年制以上)卒業生及び卒業見込の方

学位による特別減免制度

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部
該 当 者
  • 修士または博士の学位を授与された方

※学位取得見込みの方も適用される場合があります。事前にご相談下さい。

各制度の併用について

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部
該 当 者
  • 【学歴による入学金減免制度】と【全ての制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【取得資格による特別奨学生制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【試験による特別奨学生制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【コース独自の特別減免制度】
  • 【取得資格による特別奨学生制度】と【コース独自の特別減免制度】
併用不可※
  • 【取得資格による特別奨学生制度】と【試験による特別奨学生制度】
  • 【試験による特別奨学生制度】と【コース独自の特別減免制度】

※ 例外となる場合もございますので、詳しくはお問い合せ下さい。

取得資格による特別奨学生制度

POINT 1

取得資格で受講料免除

POINT 2

認定資格は19種類

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部
対象資格
  • 教員免許
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験以上合格
  • TOEICスコア600点以上
  • 日本英語検定協会実用英語技能検定準2級合格
  • 日本漢字能力検定協会日本漢字能力検定2級以上合格
    ( 旧初級システムアドミニストレータ)
  • 経済産業省ITパスポート合格
  • 全国経理教育協会簿記能力検定上級合格
  • 全国経理教育協会簿記能力検定1級合格
  • 法学検定3級以上合格
  • 経済産業省応用情報技術者試験合格
    ( 旧ソフトウェア開発技術者)
  • 宅地建物取引士試験合格
  • 日本英語検定協会実用英語技能検定2級以上合格
  • 司書資格
  • 実務技能検定協会秘書技能検定2級以上合格
  • 経済産業省基本情報技術者試験合格
  • 日本商工会議所簿記検定1級合格
  • 日本商工会議所簿記検定2級合格
  • 全国商業高等学校協会簿記実務検定1級合格
  • ビジネス実務法務検定2級以上合格
  • ※入学志願書提出後、対象資格に合格した場合には、ご入金頂いた受講料のうち減免金額相当額を返金致しますので、
    各コースの入学期ごとに設定された出願期限までに、各校の集中資格取得コース相談窓口にご連絡下さい。
  • ※【試験による特別奨学生制度】をご利用の場合は、【取得資格による特別奨学生制度】と比較しいずれか減免金額が
    高額なものでの認定になります。
  • ※2つ以上の資格を有する場合は、いずれか減免金額が高額なものを適用します。

学歴による入学金減免制度

■短答式・論文式試験科目合格者減免(上級コースのみ適用)

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部
該 当 者
  • 公認会計士短答式試験合格
  • 公認会計士論文式試験科目合格

※会計学合格者は「簿記・財務諸表論・管理会計論」の3科目合格とみなします。

■受験期減免

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部
対  象
  • 公認会計士試験受験年度の4月~8月
  • ※入学志願書提出後、対象資格に合格した場合には、ご入金頂いた受講料のうち減免金額相当額を返金致しますので、
    各コースの入学期ごとに設定された出願期限までに、各校の集中資格取得コース相談窓口にご連絡下さい。
  • ※和歌山校については、減免内容が異なります。詳しくは、お問い合せ下さい。
  • 短答式試験合格者は『b.受験期減免』適用後の受講料合計額に対して減免を適用し、前期及び後期受講料を減免致します。

税理士コース独自の特別減免制度

■税理士試験科目合格減免

  • 減 免 内 容
  • 受講料の一部 ※合格科目数により減免金額は異なります。
該 当 者
  • 税理士試験科目4科目合格
  • 税理士試験科目3科目合格
  • 税理士試験科目2科目合格
  • 税理士試験科目1科目合格

※免除科目も合格科目に含めることができます。

各制度併用について

該 当 者
  • 【学歴による入学金減免制度】と【全ての制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【取得資格による特別奨学生制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【試験による特別奨学生制度】
  • 【学位による特別減免制度】と【試験による特別奨学生制度】
併用不可※
  • 【取得資格による特別奨学生制度】と【試験による特別奨学生制度】

※ 免除科目も合格科目に含めることができます。

受講料月払い制度

POINT 1

受講開始時の負担が軽減

POINT 2

毎月の支払いは口座振替

■受講料納入の流れ

手続き時 1回目以降
手続き・
納入の流れ
利用手続き(書類提出)
指定金額(手続き分)を 振込納入
指定金額(各回分)を口座振替
手続き時
手続き・
納入の流れ
利用手続き(書類提出)
指定金額(手続き分)を 振込納入
1回目以降
指定金額(各回分)を口座振替

※利用手続きの時期によっては、1回目が振込納入となる場合がございます。

・指定金額は諸条件によって異なります。
・毎月12日が口座振替日となります。(振込納入時の振込手数料はご負担願います)
 その他ご不明な点については、集中資格取得コース総合窓口(06-4806-8615)へのお問い合せ、もしくは受講相談時にご確認下さい。

キャリアアップをサポートする「受講料支援制度」

POINT 1

国の教育ローン

POINT 2

受講終了後から返済可能な教育ローン

POINT 3

提携教育ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫に受講料の融資(国の教育ローン)を申し込むことができます。

「国の教育ローン」は教育のために必要な資金を融資する公 的な制度です。
融資額は学生1人につき350万円以内、返済期間は15年以内(交通遺児家庭、母子家庭または世帯年収
(所得)200 万円(122 万円)以内の方は18 年以内)です。
「国の教育ローン」は、日本政策金融公庫国民生活事業の全国店舗のほか最寄りの銀行、信用金庫、
信用組合、労働金庫、農協等でも取り扱っています。
詳しくは、集中資格取得コース総合窓口または日本政策金融公庫教育ローンコールセンター
(http://www.jfc.go.jp)にお問い合せ下さい。

集中資格取得コース総合窓口
06-4806-8615
日本政策金融公庫
教育ローンコールセンター
0570-008656
※上記電話をご利用になれない場合は、
03-5321-8656

受講終了後から返済可能な教育ローン

提携教育ローンの返済を受講終了後からスタートできるプランがあります。
  • ・在学中は利息相当分をご返済していただきます。
  • ・一部提携プランは対象外です。
集中資格取得コース総合窓口
06-4806-8615

提携教育ローン

大原学園では信販会社と教育ローン契約を結んでおり、必要な受講料を融資する制度があります。

受講開始前でも教育ローンが利用可能か否かの審査を受けることができます。
詳しくは、集中資格取得コース総合窓口までお問い合せ下さい。

集中資格取得コース総合窓口
06-4806-8615