• ホーム
  • 公務員 公安系コース一覧
  • 実績のご紹介
  • 学生向けコンテンツ
  • 各学科共通コンテンツ
  • 社会人・大学生対象 集中資格取得コース

救急救命士

救急救命士コース 設置校

救急救命士とは
救急救命士(国家資格)とは救急救命士法により厚生労働大臣の免許を受け医師の指示の下に救急救命処置を行うことを業とする者とされています。
その役割は非常に重要で、救急車等に乗車して現場に向かい、傷病者に観察処置を施しながら医療機関まで搬送を行います。救急救命士の働きにより、心肺停止を含む重症傷病者に対して適切な処置を実施することは救命率の向上につながる重要な役割を担う医療の最前線で活躍する人命救助のプロです。
[イメージ]救急救命士コース [イメージ]救急救命士コース2
救急救命士になるには
救急救命士(国家資格)の資格を得るには、救命士法34条で定められた救急救命士養成校にて、所定の単位を習得し、救急救命士国家試験に合格する必要があります。ただし、救急救命士の国家資格が取れただけでは、救急救命士として 働くことはできません。救急救命士の勤務先のほとんどは消防署であるため、救急救命士になるには消防官採用試験にも合格しなくてはなりません。

救急救命士取得までの流れ

ここをチェック!
[イメージ]救急救命士コース3

最新の設備で実践的な実習

さまざまな救急救命処置ができるように、あらゆる救急現場を想定した実習を最新の設備で行うので、実践力が身につきます。

万全の公務員試験対策

公務員試験を知り尽くした大原だからできる消防官試験合格に向けて出題傾向を研究し尽くしたテキストと、合格のポイントを押さえたカリキュラムで、消防官試験最終合格へ導きます。
スケジュール
年間スケジュール
時間割