2019.8~2020.2公認会計士 初学者 デジタルパンフ
31/88

公認会計士の魅力と試験制度審査会が相当と認める成績を得られた科目(※2)審査会が相当と認める成績を得られなかった科目会計学監査論企業法租税法選択科目会計学監査論企業法租税法選択科目受験科目全体で合格基準(※1)に達している受験科目全体で合格基準(※1)に達していない免除通知書の送付(※1)得点比率の52%を基準として、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率(※2)全体としては合格基準に達していない者の中で、一部の試験科目について免除する場合の基準は、一括合格者の平均得点比率を基準とし、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率を得たものとする。(※3)免除科目がある場合の合否判定は、免除科目を除いた他の科目の合計得点の比率によって判定する。論文式試験再受験申請により以後2年間の当該科目の試験を免除免除科目を除いた受験科目全体で合格基準に達しているかを判定論文式試験合格!論文式試験合格!論文式試験不合格(※3)短答式試験合格2019年(以後2年間は申請により免除)受験科目全体では不合格。会計学については科目合格。(以後2年間は申請により免除)免除2020年会計学を科目免除申請。会計学を除く4科目を受験、受験科目全体では不合格。監査論については科目合格。(以後2年間は申請により免除)免除免除2021年会計学及び監査論を科目免除申請。会計学及び監査論を除く3科目を受験、受験科目全体で合格。(注)当該年度の論文式試験において、論文式試験全体では合格していないが、試験科目のうちの一部の科目について  公認会計士・監査審査会が相当と認める成績を得た科目については「科目合格」と表記合格免除免除試験科目短答式論文式論文式論文式短答式短答式免除免除不合格不合格不合格不合格不合格会計学監査論企業法租税法選択科目論文式試験科目合格免 除科目合格免 除12月5月不合格合格合格不合格不合格不合格合格合格免 除12月5月12月5月論文式試験論文式試験における合否判定のあらましです。試験の合否は受験科目全体のできばえが総合点の52%を基準として判定されます。しかし、総合成績では不合格でも、一部の科目について、一括合格者の平均得点比率を基準に、公認会計士・監査審査会が相当と認めた得点比率以上を得た場合その科目を合格と認めて以後2年間の受験を申請により免除するシステムとなっています。論文式試験合格までの流れ科目合格科目合格論文式合格30

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る