2019.8~2020.2公認会計士 初学者 デジタルパンフ
43/88

一発合格主義本試験問題大原の予想問題公開会社であり監査役設置会社である乙株式会社(以下, 「乙会社」という。)は, 債務超過に陥っており, 銀行からの融資も期待できない状況にあった。そこで, 乙会社の代表取締役Aは, 取締役であるB及びCと綿密な協議の上, 募集株式の発行により, 乙会社の財務状態が回復したように装うことを計画した。まず, 代表取締役であるAのみを割当先とし, 払込取扱金融機関をX銀行として募集株主を発行した(以下, 「本件募表取締役であるAのみを割当先とし, 払込取扱金融機関をX銀行として募集株主を発行した(以下, 「本件募集株式の発行」という。なお, その発行手続は適法になされたものとする。)その際, Aは, 募集株式の払込集株式の発行」という。なお, その発行手続は適法になされたものとする。)その際, Aは, 募集株式の払込金額に相当する1,000万円のうち800万円をY銀行から借り入れた上で, 全額を払込取扱場所であるX銀行丙金額に相当する1,000万円のうち800万円をY銀行から借り入れた上で, 全額を払込取扱場所であるX銀行丙金額に相当する1,000万円のうち800万円をY銀行から借り入れた上で, 全額を払込取扱場所であるX銀行丙支店に払い込んだ。そして, Aの引き受けた募集株式の効力が生じた日の翌日, 乙会社はX銀行丙支店の自己支店に払い込んだ。そして, Aの引き受けた募集株式の効力が生じた日の翌日, 乙会社はX銀行丙支店の自己支店に払い込んだ。そして, Aの引き受けた募集株式の効力が生じた日の翌日, 乙会社はX銀行丙支店の自己支店に払い込んだ。そして, Aの引き受けた募集株式の効力が生じた日の翌日, 乙会社はX銀行丙支店の自己名義の預金口座から800万円を引き出し, その全額をAに対して貸し付け(本件貸付け自体は適法になされた名義の預金口座から800万円を引き出し, その全額をAに対して貸し付け(本件貸付け自体は適法になされた名義の預金口座から800万円を引き出し, その全額をAに対して貸し付け(本件貸付け自体は適法になされた名義の預金口座から800万円を引き出し, その全額をAに対して貸し付け(本件貸付け自体は適法になされたものとする。), 同日, Aは, 当該800万円を自己のY銀行からの借入れの返済に充てた。ものとする。), 同日, Aは, 当該800万円を自己のY銀行からの借入れの返済に充てた。ものとする。), 同日, Aは, 当該800万円を自己のY銀行からの借入れの返済に充てた。 その後, Aは,本件募集株式の発行により引き受けた株式をDに譲渡した。なお, Dは上記の事情については その後, Aは,本件募集株式の発行により引き受けた株式をDに譲渡した。なお, Dは上記の事情については その後, Aは,本件募集株式の発行により引き受けた株式をDに譲渡した。なお, Dは上記の事情については その後, Aは,本件募集株式の発行により引き受けた株式をDに譲渡した。なお, Dは上記の事情については一切知らず, また, 知らなかったことにつき過失もなかった。一切知らず, また, 知らなかったことにつき過失もなかった。問題2(1) A, B及びCは, それぞれ本件募集株式の発行の払込みについて, 会社法上いかなる責任を負(1) A, B及びCは, それぞれ本件募集株式の発行の払込みについて, 会社法上いかなる責任を負(1) A, B及びCは, それぞれ本件募集株式の発行の払込みについて, 会社法上いかなる責任を負(1) A, B及びCは, それぞれ本件募集株式の発行の払込みについて, 会社法上いかなる責任を負うか説明しなさい。(2) DはAから譲り受けた株式につき, 乙会社に対し株主権を行使することができるか, (1)の(2) DはAから譲り受けた株式につき, 乙会社に対し株主権を行使することができるか, (1)の(2) DはAから譲り受けた株式につき, 乙会社に対し株主権を行使することができるか, (1)の(2) DはAから譲り受けた株式につき, 乙会社に対し株主権を行使することができるか, (1)の(2) DはAから譲り受けた株式につき, 乙会社に対し株主権を行使することができるか, (1)の責任が履行されていないことを前提に説明しなさい。責任が履行されていないことを前提に説明しなさい。責任が履行されていないことを前提に説明しなさい。この場合において, 次の 及び に答えなさい。この場合において, 次の 及び に答えなさい。この場合において, 次の 及び に答えなさい。問題1この場合において, 次の 及び に答えなさい。この場合において, 次の 及び に答えなさい。この場合において, 次の 及び に答えなさい。問題2この場合において, 次の 及び に答えなさい。 甲株式会社(以下, 「甲会社」という。)は, 公開会社ではなく, 取締役会設置会社でもない。甲会社の株主はA, B及びCの3名であり, 甲会社の代表取締役はA, 取締役はBである。 A及びBは, 甲会社が募集株主の発行を行って資本金の額を増加させることで, 会社の信用力を強化し, 取引先を拡大したいと考えた。そこで, Aは, 甲会社の株主総会を開催し, ①100株の募集株式を発行すること, ②募集株主の払込金額を100万円とすること, ③一部の募集株式については, Aが甲会社に対して有する貸付債権5,000万円(以下, 「本券債権」という。)を出資の目的とし, 本件債権の価額を5,000万円とすること, ④A及びBは各50株の募集株式を引き受けること, を提案した。上記提案は, A, B及びCの全員の賛成により可決・承認された。なお, ①の株主の数は, 甲会社の発行済株式の総数と同じであり, ②の払込金額は, 引受人であるA及びBにとって特に有利な金額ではなかった。 次に, A及びBは, 上記株主総会の終結後に相談して, ⑤Aは本件債権のみを出資し, 金銭の出資は行わないこと, ⑥Bは出資を行うだけの十分な資産を持っていないことから, Aが甲会社の保有する現金5,000万円をBに交付し, Bがその金員の全額を甲会社への出資の履行に充てること, を決定した。問題2 Bが上記⑥の出資の履行により取得した株主の払込みについて, B及びAは, 甲会社に対して, 会社法上どのよ Bが上記⑥の出資の履行により取得した株主の払込みについて, B及びAは, 甲会社に対して, 会社法上どのような責任を負うか論じなさい。また, 当該募集株式の発行の後, 最初に開催される甲会社の株主総会において, Bは, 上記⑥の出資の履行により取得した50株について議決権を行使することができるか論じなさい。・・・・・・・・・・・・・・・企業法本試験 第1問 問題2企業法論文式全国統一公開模試 第2回 第2問 問題2民法論文直対答練 第2回 第2問 問2経営学本試験 第2問経営学論文式基礎答練 第1回 第2問 問題2 A社‚ B社及びC社は‚ 電子機器の製造業を営む内国法人たる株式会社であり‚ 4月1日から翌年3月31日ま A社‚ B社及びC社は‚ 電子機器の製造業を営む内国法人たる株式会社であり‚ 4月1日から翌年3月31日ま A社‚ B社及びC社は‚ 電子機器の製造業を営む内国法人たる株式会社であり‚ 4月1日から翌年3月31日ま A社‚ B社及びC社は‚ 電子機器の製造業を営む内国法人たる株式会社であり‚ 4月1日から翌年3月31日までの期間を事業年度としている。以下では‚ 平成29年4月1日に開始するものを平成29事業年度というようにでの期間を事業年度としている。以下では‚ 平成29年4月1日に開始するものを平成29事業年度というようにでの期間を事業年度としている。以下では‚ 平成29年4月1日に開始するものを平成29事業年度というようにでの期間を事業年度としている。以下では‚ 平成29年4月1日に開始するものを平成29事業年度というように表記する。A社‚ B社及びC社の資本金の額は‚ それぞれ10億円‚ 7億円及び1億円であり5年前より変動はない。表記する。A社‚ B社及びC社の資本金の額は‚ それぞれ10億円‚ 7億円及び1億円であり5年前より変動はない。表記する。A社‚ B社及びC社の資本金の額は‚ それぞれ10億円‚ 7億円及び1億円であり5年前より変動はない。表記する。A社‚ B社及びC社の資本金の額は‚ それぞれ10億円‚ 7億円及び1億円であり5年前より変動はない。A社は‚ 10年前に100%出資してB社を設立し‚ B社は‚ 6年前に100%出資してC社を設立した。その後それA社は‚ 10年前に100%出資してB社を設立し‚ B社は‚ 6年前に100%出資してC社を設立した。その後それA社は‚ 10年前に100%出資してB社を設立し‚ B社は‚ 6年前に100%出資してC社を設立した。その後それA社は‚ 10年前に100%出資してB社を設立し‚ B社は‚ 6年前に100%出資してC社を設立した。その後それぞれの出資関係に変動はない。 A社は‚ 使用人として職務を有する役員(以下「使用人兼務役員」という。)に対して平成29事業年度に支給 A社は‚ 使用人として職務を有する役員(以下「使用人兼務役員」という。)に対して平成29事業年度に支給 A社は‚ 使用人として職務を有する役員(以下「使用人兼務役員」という。)に対して平成29事業年度に支給 A社は‚ 使用人として職務を有する役員(以下「使用人兼務役員」という。)に対して平成29事業年度に支給したその使用人としての職務に係る賞与について‚ 事前に支給時期及び支給金額を納税地の所轄税務署長に届けしたその使用人としての職務に係る賞与について‚ 事前に支給時期及び支給金額を納税地の所轄税務署長に届けしたその使用人としての職務に係る賞与について‚ 事前に支給時期及び支給金額を納税地の所轄税務署長に届けしたその使用人としての職務に係る賞与について‚ 事前に支給時期及び支給金額を納税地の所轄税務署長に届け出ていない。なお‚ A社はこの賞与について他の使用人に対する賞与の支給時期と同時に支給している。出ていない。なお‚ A社はこの賞与について他の使用人に対する賞与の支給時期と同時に支給している。出ていない。なお‚ A社はこの賞与について他の使用人に対する賞与の支給時期と同時に支給している。出ていない。なお‚ A社はこの賞与について他の使用人に対する賞与の支給時期と同時に支給している。 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」に記入しなさい。また‚ 正しいものにはその根拠条文を‚ 誤っているものには‚ 正しい税務処理及び根拠条文を‚ 答案に記入しなさい。また‚ 正しいものにはその根拠条文を‚ 誤っているものには‚ 正しい税務処理及び根拠条文を‚ 答案に記入しなさい。また‚ 正しいものにはその根拠条文を‚ 誤っているものには‚ 正しい税務処理及び根拠条文を‚ 答案に記入しなさい。また‚ 正しいものにはその根拠条文を‚ 誤っているものには‚ 正しい税務処理及び根拠条文を‚ 答案に記入しなさい。また‚ 正しいものにはその根拠条文を‚ 誤っているものには‚ 正しい税務処理及び根拠条文を‚ 答案用紙の「記述欄」に記入しなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の適用はないものとする。用紙の「記述欄」に記入しなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の適用はないものとする。用紙の「記述欄」に記入しなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の適用はないものとする。用紙の「記述欄」に記入しなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の適用はないものとする。① A社が使用人兼務役員に対して支給したその使用人としての職務に係る賞与の額のうち‚ 不相当に高額な部分① A社が使用人兼務役員に対して支給したその使用人としての職務に係る賞与の額のうち‚ 不相当に高額な部分① A社が使用人兼務役員に対して支給したその使用人としての職務に係る賞与の額のうち‚ 不相当に高額な部分① A社が使用人兼務役員に対して支給したその使用人としての職務に係る賞与の額のうち‚ 不相当に高額な部分① A社が使用人兼務役員に対して支給したその使用人としての職務に係る賞与の額のうち‚ 不相当に高額な部分の金額は‚ A社の平成29事業年度の損金の額に算入しない。の金額は‚ A社の平成29事業年度の損金の額に算入しない。次の事案について、以下の    に答えなさい。問題1問1問4問4問い 次の税務処理に関する①~⑤の記述のうち‚ 正しいものには○を‚ 誤っているものには×を‚ 答案用紙の「○×欄」問い次の事案について、以下の    に答えなさい。問い次の事案について、以下の    に答えなさい。次の事案について、以下の    に答えなさい。問題2 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の問1 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の問1 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の問4 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の問4 次の事案について‚ 以下の ~ に答えなさい。なお‚ 同族会社等の行為計算否認規定の適用はないものとする。また‚ 租税特別措置法及び租税条約は考慮しないものとする。 A社は‚ 製造業を営む内国法人たる株式会社(普通法人)であり‚ 4月1日から翌年3月31日までの期間を事業年度としている。以下では‚ 平成29年4月1日に開始するものを平成29事業年度というように表記する。 Pは‚ A社の営業部長であり‚ 使用人としての職務を有する役員である。また‚ B社は‚ X国に本店が所在する外国法人であり‚ A社は‚ B社の発行済株式の30%を保有している。 平成29事業年度に‚ A社がPに対して支給した使用人としての職務に対する給与の額は‚ 他の使用人に対する給与の支給状況に照らして不相当に高額であった(事実④)。 事実④に関して‚ A社がPに対して支給した使用人としての職務に対する給与の額は‚ 法人税法上どのよ 事実④に関して‚ A社がPに対して支給した使用人としての職務に対する給与の額は‚ 法人税法上どのように扱われるか。根拠条文を示しつつ述べなさい。問題3問1問1①④⑤⑥②③問3 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回り 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回り問1 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回り問1 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回り問3 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回り問3 次の ~ に答えなさい。なお‚ 本問における債券は全て無リスクで額面が100円‚ 利回りとは複利最終利回りを意味しており‚ 利付債の利払いは年1回で現在利払いが行われた直後であるとする。計算問題については‚ 数値が小数点第2位で割り切れない場合には‚ 計算途中での四捨五入はせず‚ 最終数値の小数点第3位を四捨五入して小数点第2位まで答えること。 次の文章の①~③に当てはまる数値を答えなさい。 次の文章の①~③に当てはまる数値を答えなさい。 現在の1年物‚ 2年物‚ 3年物の割引債の利回り(スポット・レート)は‚ それぞれ‚ 2%‚ 3%‚ 4%であるとする。このとき‚ 投資家は‚ 1年後から2年後までの1年間の利回りは    %‚ 2年後から3年後までの①する。このとき‚ 投資家は‚ 1年後から2年後までの1年間の利回りは    %‚ 2年後から3年後までの①する。このとき‚ 投資家は‚ 1年後から2年後までの1年間の利回りは    %‚ 2年後から3年後までの1年間の利回りは    %と‚ 将来金利が上昇すると考えている。②1年間の利回りは    %と‚ 将来金利が上昇すると考えている。②1年間の利回りは    %と‚ 将来金利が上昇すると考えている。 また‚ スポット・レートが上記であるとき‚ クーポン・レート3%‚ 残存期間3年の利付債の現在の債券価格は    円である。③格は    円である。③格は    円である。問2 次の文章の④~⑥に当てはまる数値を答えなさい。 次の文章の④~⑥に当てはまる数値を答えなさい。 債券価格は市場金利の変動による利回りの変化によって価格が変化する。そこで‚ 利回りの変化による債券価格の変動リスクを計る指標として用いられるのが‚ 各種のデュレーションである。 その中でも‚ マコーレー・デュレーションは‚ 債券投資の平均回収期間を表している。たとえば‚ クーポン・レート4%‚ 残存期間2年の利付債の現在の利回りが3%であるとき‚ その債券価格は101.91円であり‚ そのマコーレー・デュレーションは    である。④マコーレー・デュレーションは    である。④マコーレー・デュレーションは    である。 一方‚ 利回りの変化に対する債券価格の変動率を表す指標が‚ 修正デュレーションである。たとえば‚ 利回りが4%でマコーレー・デュレーションが2.86である債券の修正デュレーションは    である。したがっ⑤りが4%でマコーレー・デュレーションが2.86である債券の修正デュレーションは    である。したがっ⑤りが4%でマコーレー・デュレーションが2.86である債券の修正デュレーションは    である。したがって‚ この債券の利回りが4%から4.2%へ瞬時に上昇したとすると‚ 修正デュレーションを用いて債券価格の変化を近似計算すれば‚ 債券価格は現在の価格から    %下落することになる。⑥変化を近似計算すれば‚ 債券価格は現在の価格から    %下落することになる。⑥変化を近似計算すれば‚ 債券価格は現在の価格から    %下落することになる。Aは, Aの会員であるDに対して, 運営資金として1,000万円を貸し付け, Dはその担保として自己が所有すAは, Aの会員であるDに対して, 運営資金として1,000万円を貸し付け, Dはその担保として自己が所有すAは, Aの会員であるDに対して, 運営資金として1,000万円を貸し付け, Dはその担保として自己が所有すAは, Aの会員であるDに対して, 運営資金として1,000万円を貸し付け, Dはその担保として自己が所有すAは, Aの会員であるDに対して, 運営資金として1,000万円を貸し付け, Dはその担保として自己が所有する乙土地に抵当権を設定した(以下, 「本件抵当権設定」という。)。本件抵当権設定当時, 乙土地上には丙建物がる乙土地に抵当権を設定した(以下, 「本件抵当権設定」という。)。本件抵当権設定当時, 乙土地上には丙建物がる乙土地に抵当権を設定した(以下, 「本件抵当権設定」という。)。本件抵当権設定当時, 乙土地上には丙建物がる乙土地に抵当権を設定した(以下, 「本件抵当権設定」という。)。本件抵当権設定当時, 乙土地上には丙建物が存在しており, いずれもDが所有していた。その後, Dは老朽化した丙建物を取り壊し, 丁建物を再築した。AはDが存在しており, いずれもDが所有していた。その後, Dは老朽化した丙建物を取り壊し, 丁建物を再築した。AはDが存在しており, いずれもDが所有していた。その後, Dは老朽化した丙建物を取り壊し, 丁建物を再築した。AはDが存在しており, いずれもDが所有していた。その後, Dは老朽化した丙建物を取り壊し, 丁建物を再築した。AはDが存在しており, いずれもDが所有していた。その後, Dは老朽化した丙建物を取り壊し, 丁建物を再築した。AはDが弁済期を過ぎても貸金を返済しないため, 乙土地の抵当権を実行し, Eが当該土地を競落した。この場合, 丁建物の弁済期を過ぎても貸金を返済しないため, 乙土地の抵当権を実行し, Eが当該土地を競落した。この場合, 丁建物の弁済期を過ぎても貸金を返済しないため, 乙土地の抵当権を実行し, Eが当該土地を競落した。この場合, 丁建物の弁済期を過ぎても貸金を返済しないため, 乙土地の抵当権を実行し, Eが当該土地を競落した。この場合, 丁建物の弁済期を過ぎても貸金を返済しないため, 乙土地の抵当権を実行し, Eが当該土地を競落した。この場合, 丁建物のために法定地上権は成立するか。なお, Aは, 丁建物についてはDから抵当権の設定を受けていないものとする。ために法定地上権は成立するか。なお, Aは, 丁建物についてはDから抵当権の設定を受けていないものとする。ために法定地上権は成立するか。なお, Aは, 丁建物についてはDから抵当権の設定を受けていないものとする。ために法定地上権は成立するか。なお, Aは, 丁建物についてはDから抵当権の設定を受けていないものとする。A観光振興協会(以下, 「A」という。)は, 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下, 「一般法人法」という。)A観光振興協会(以下, 「A」という。)は, 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下, 「一般法人法」という。)A観光振興協会(以下, 「A」という。)は, 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下, 「一般法人法」という。)A観光振興協会(以下, 「A」という。)は, 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下, 「一般法人法」という。)の適用を受ける一般社団法人であり, X地域における商業施設営業者及び宿泊施設営業者を会員(構成員)として, そのの適用を受ける一般社団法人であり, X地域における商業施設営業者及び宿泊施設営業者を会員(構成員)として, そのの適用を受ける一般社団法人であり, X地域における商業施設営業者及び宿泊施設営業者を会員(構成員)として, そのの適用を受ける一般社団法人であり, X地域における商業施設営業者及び宿泊施設営業者を会員(構成員)として, その営業活動のコンサルティング, 及び経済的支援を目的としている。Aの定款には, 上記目的に資するため, X地域の商業・営業活動のコンサルティング, 及び経済的支援を目的としている。Aの定款には, 上記目的に資するため, X地域の商業・営業活動のコンサルティング, 及び経済的支援を目的としている。Aの定款には, 上記目的に資するため, X地域の商業・営業活動のコンサルティング, 及び経済的支援を目的としている。Aの定款には, 上記目的に資するため, X地域の商業・宿泊施設の運営のために必要な資金を会員に対してのみ貸し付けることができる旨が規定されていた。以上の事実を前宿泊施設の運営のために必要な資金を会員に対してのみ貸し付けることができる旨が規定されていた。以上の事実を前宿泊施設の運営のために必要な資金を会員に対してのみ貸し付けることができる旨が規定されていた。以上の事実を前宿泊施設の運営のために必要な資金を会員に対してのみ貸し付けることができる旨が規定されていた。以上の事実を前提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。問題1提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。問題1提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。問題2提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。問題2提に, 以下の設問に答えなさい。なお,         はそれぞれ独立したものとする。問題2問1問2において, 本件抵当権設定に際し, 乙土地上の丙建物にも抵当権が設定されていた場合, 同様の事情のにおいて, 本件抵当権設定に際し, 乙土地上の丙建物にも抵当権が設定されていた場合, 同様の事情のにおいて, 本件抵当権設定に際し, 乙土地上の丙建物にも抵当権が設定されていた場合, 同様の事情のにおいて, 本件抵当権設定に際し, 乙土地上の丙建物にも抵当権が設定されていた場合, 同様の事情のにおいて, 本件抵当権設定に際し, 乙土地上の丙建物にも抵当権が設定されていた場合, 同様の事情の下, 丁建物のために法定地上権は成立するか。問1問題2問2問5問6問8(1)(8)(9)(15) 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独問1 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独問1 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独問8 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独問8 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独(1) 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独(1) 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独(15) 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独(15) 以下の ~ に入る適切な数値を答えなさい。ただし‚ 下記の   ~   の事例は互いに独立しており‚ 問題文に与えられている条件以外について考慮する必要はない。また‚ (※)の箇所は各自推定すること。 なお‚ 数値が割り切れない場合は‚ 特別に指示がある場合を除き‚ 小数第3位を四捨五入して小数第2位 なお‚ 数値が割り切れない場合は‚ 特別に指示がある場合を除き‚ 小数第3位を四捨五入して小数第2位まで答えること(計算途中での四捨五入は行わない)。 スポット・レートが‚ 以下の(資料1)のように与えられている。残存期間2年の割引債Bの現在価値は    円となる。一方‚ 残存期間4年‚ 表面利率2%の利付債Cの現在価値は  円である。(2)   円となる。一方‚ 残存期間4年‚ 表面利率2%の利付債Cの現在価値は  円である。(2)   円となる。一方‚ 残存期間4年‚ 表面利率2%の利付債Cの現在価値は  円である。(3)   円となる。一方‚ 残存期間4年‚ 表面利率2%の利付債Cの現在価値は  円である。(3)   円となる。一方‚ 残存期間4年‚ 表面利率2%の利付債Cの現在価値は  円である。 (資料2)より‚ 1年後から2年後の1年間フォワード・レートは   %であり‚ 1年後から3年後の2年間のフォ (資料2)より‚ 1年後から2年後の1年間フォワード・レートは   %であり‚ 1年後から3年後の2年間のフォ (資料2)より‚ 1年後から2年後の1年間フォワード・レートは   %であり‚ 1年後から3年後の2年間のフォ(8) (資料2)より‚ 1年後から2年後の1年間フォワード・レートは   %であり‚ 1年後から3年後の2年間のフォ(8) (資料2)より‚ 1年後から2年後の1年間フォワード・レートは   %であり‚ 1年後から3年後の2年間のフォワード・レートは   %となる。(9)ワード・レートは   %となる。(9)ワード・レートは   %となる。 額面100円‚ 現在価格89.69円‚ クーポン4円の3年ものの利付債Hについて‚ マコーレーのデュレーションは 額面100円‚ 現在価格89.69円‚ クーポン4円の3年ものの利付債Hについて‚ マコーレーのデュレーションは 額面100円‚ 現在価格89.69円‚ クーポン4円の3年ものの利付債Hについて‚ マコーレーのデュレーションは 額面100円‚ 現在価格89.69円‚ クーポン4円の3年ものの利付債Hについて‚ マコーレーのデュレーションは   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。(10)   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。(10)   [単位も合わせて解答すること]となる。ただし‚ 割引率を8%とすること。 額面100円‚ 現在価格105.657円‚ クーポン5円の3年ものの利付債Jのマコーレーのデュレーションの値が 額面100円‚ 現在価格105.657円‚ クーポン5円の3年ものの利付債Jのマコーレーのデュレーションの値が 額面100円‚ 現在価格105.657円‚ クーポン5円の3年ものの利付債Jのマコーレーのデュレーションの値が 額面100円‚ 現在価格105.657円‚ クーポン5円の3年ものの利付債Jのマコーレーのデュレーションの値が2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無名数で解答すること]となる。 また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚ (13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ 金額デュレーション( (13) ※四捨五入後)に基づくと‚ 債券価格は(15)円下落することになる。金額デュレーション( (13) ※四捨五入後)に基づくと‚ 債券価格は(15)円下落することになる。金額デュレーション( (13) ※四捨五入後)に基づくと‚ 債券価格は(15)円下落することになる。2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無2.864年であることが判明している。なお複利最終利回りは3%である。このとき‚ 修正デュレーションは(12)[無(13)[無名数で解答すること]となる。よって‚ 仮に利付債Jの利回りが瞬間的に3%から3.2%へと0.2%上昇した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚ 金額デュレーション( (13) ※四捨五入後)に基づくと‚ 債券価格は(15)円下落することになる。金額デュレーション( (13) ※四捨五入後)に基づくと‚ 債券価格は(15)円下落することになる。した場合‚ 修正デュレーション( (12) ※四捨五入後)に基づく価格変化率(絶対値表示)は(14)%で‚  また‚ この修正デュレーションの値( (12) ※四捨五入後)を用いて金額デュレーションを算定すると‚ (資料1)スポット・レートの情報(資料2)スポット・レートの情報 期間 1年 2年 3年 4年 スポット・レート 3% 4% 5% 6% 期間 1年 2年 3年1年 2年 3年1年 2年 3年1年 2年 3年1年 2年 3年 スポット・レート 4% 6% 6% 8%8% 期間 スポット・レート 3% スポット・レート 3% 1年 2年 3年 1年 2年 3年 期間 スポット・レート 4% スポット・レート 4% 1年 2年 3年1年 2年 3年民法本試験 第5問 問題1 問1 問2 Aは, 銀行Bに対する貸金債務の担保として, Aが所有している日本庭園のある土地(以下, 「甲土地」という。)と甲土地上の木造家屋(以下, 「乙建物」という。)に, Bのために順位1番の抵当権を設定し, 登記を了した。これを前提に, 次の     及び     に答えなさい。なお, ,    並びに     の    及び  は, それぞれ独立した問いである。次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題1次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題1次の     及び     に答えなさい。なお, ,    次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題1次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題1次の     及び     に答えなさい。なお, ,    次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題2次の     及び     に答えなさい。なお, ,    問題2次の     及び     に答えなさい。なお, ,    並びに     の    及び  は, それぞれ問題2並びに     の    及び  は, それぞれ問題2並びに     の    及び  は, それぞれ問題2 Aは, 老朽化した乙建物を取り壊して新たな建物を建築する計画を立て, 乙建物の取壊しについてBの承諾を得た。乙建物が取り壊され, 新たな建物(以下, 「丁建物」という。)が完成した後, 資金が不足したAは, 信用金庫Dから融資をうけることとした。この貸金債務の担保として, Aは, Dのために, 甲土地に順位2番の抵当権を設定し, 登記を了した。その後, Aは, 家族とともにA所有の丁建物に居住している。 Aは, B及びDに対する債務について弁済期に支払を怠った。Bが甲土地の抵当権を実行し, Eが買受人となった場合, Eは, Aに対して, 丁建物の収去・甲土地の明渡しを請求することができるか。並びに     の    及び  は, それぞれ問1並びに     の    及び  は, それぞれ問1並びに     の    及び  は, それぞれ並びに     の    及び  は, それぞれ問2並びに     の    及び  は, それぞれ問2並びに     の    及び  は, それぞれ問1本試験的中率!圧倒的租税法本試験 第1問 問題1租税法論文直対答練 第2回 第1問 問題242

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る