2019日本語教師デジタルパンフ
7/16

就職サポート安心だね!理論編の最終日(学科考査と同日)に就職説明会就職説明会をを実施実施致します。学習修了後に行う就職活動の方法や就職試験に関するアドバイス等、日本語教師として就職または転職を目指す方をしっかりとサポート致します。また大原グループでは、日本全国に4ヶ所(東京・大阪2校・福岡)の日本語教育機関を有しており、そこでの講師採用も行っています。充実した実習プログラム大原は日本語学校を併設していますので、教育実習はもちろん、授業見学、外国人留学生との交流会、その他行事・ボランティア参加など、日本語教師として役立つプログラムを数多く用意しています。さらに実習編の教壇実習は一人の方が複数回行なえるので、この経験が即戦力として活躍できるのです。大原だけの特別講義『現代日本語教育』様々な日本語教育の現場で活躍している講師を招き、多様な日本語教育の現場について学びます。日本語教育の様々なニーズを知ることで日本語教師としての活躍の場が広がります。Q.日本語教師に英語は必要ですか?A.日本での授業中の使用言語は、日本語です。これは直接法といわれ、日本語に囲まれた生活と一体になって、とても理想的な学習環境といえます。Q.どんな勉強をするのですか?A.日本語の文法以外にも外国語の教授法や授業を行うときの心構えなどを学ぶ表現力研修も含まれています。基礎から学習ししっかり実力が付いていきます。Q.どんなところに就職できますか?A.大原の420時間総合コースを修了すれば法務省告示の日本語学校で働くことができます。日本語学校以外でも、ボランティアで地域の方に日本語を教えたり、海外の学校で日本語教師として働くこともできます。Q.検定試験も一緒に取得した方がいいですか?A.日本語教師の求人の採用条件に「検定試験に合格した者」と記載されている場合もあります。就職先を狭めないためにも、検定試験の合格を目指すのがオススメです。安心だね!授業見学外国人留学生との交流会私たちが日本語教師になるためのすべてを伝授します!異文化間コミュニケーションでは、語学力よりも「人間関係構築力」が重要になってきます。上手な人間関係を構築するためには、まずは相手に興味を持つことです。相手が自分の出身国や文化に対していろいろなことを知っていると、こちらもついついうれしくなってしまうものです。そして、逆に相手に興味を持ってもらうためには、日本のいろいろなことについて、自分自身の意見が簡潔にそして明快に伝えられることが大切です。これからの日本では、これまでの「察し合う文化」から「語り合う文化」への転換が迫られていると言えるでしょう。大原の日本語教師養成講座は、ただ単に知識を学ぶだけではなく、人間関係構築力のアップという観点から、異文化間コミュニケーションのプロを育成します。日本語教師は異文化間コミュニケーションを通じて、よりよい人間関係を構築し、これからの日本を多文化共生の世界へと導いていく役割を担っているのです。皆様のサポートは、大原にお任せください。日本語教師養成講座吉岡 久博 講師よくある質問介護職を目指す外国人に、どのように「介護の日本語」を教えるのかについて学習します。介護の日本語教育仕事で利用するビジネス用語について、どのように「ビジネス日本語」を教えるのかについて学習します。ビジネス日本語教育地域に居住されている外国人に、どのように日本の文化や日本語を教えるのかについて学習します。地域の日本語教育海外で日本語を学習したい外国人に、どのように文化の違いや日本語を教えるのかについて学習します。海外の日本語教育6

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る