2019.6社労士デジタルパンフ(全国版)
13/60

試験形式および合格基準(平成30年度の場合)試験形式は「選択式」と「択一式」があり、いずれもマークシート形式です。選択式試験及び択一式試験のいずれも合格基準点以上の得点で合格となります。選択式試験は、各問題の文章中に5つの空欄があり、選択肢の中から適切な語句を選択する試験形式となります。全8問の出題となります。科目問題数得点労基・安衛1問5点労災1問5点雇用1問5点労一1問5点社一1問5点健保1問5点国年1問5点厚年1問5点計8問40点択一式試験は、問題に対する解答を5つの選択肢から1つ選ぶ「五肢択一式」の試験形式となります。科目問題数得点労基・安衛10問10点労災・徴収10問10点雇用・徴収10問10点一般常識10問10点健保10問10点国年10問10点厚年10問10点計70問70点配点各問5点とし、1科目5点満点、合計40点満点合格基準総得点23点以上かつ各科目3点以上(社会保険に関する一般常識及び国民年金法は2点以上)選択式試験解答時間80分(10:30~11:50)配点各問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点合格基準総得点45点以上かつ各科目4点以上択一式試験解答時間210分(13:20~16:50)社労士ガイド大原で合格!大原合格メソッドコース案内お申し込みについて社労士ガイド12

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る