2019実務力養成シリーズデジタルパンフ
30/40

5つの魅力で大原はここが違う法改正のフォローも充実オリジナルメールマガジン「仕事力UPメール」https://www.o-hara.ac.jp/goukaku/登録無料2登録はこちらから大原方式で強力サポート「実務力養成シリーズ」では、税制改正について毎年商品を改訂して常に最新情報をご提供させていただいております。毎年4月の法改正に対応した商品は7月から順次切り替わります。なお、追加で法改正があった場合においても、受講生専用サイトを通じて、情報を提供しますので、常に安心して学習することができます。その他毎年「改正税法セミナー」をスキルアップセミナーとして開講しておりますので、税法の基礎を身につけた方は、ぜひご利用ください。タイムリーな情報は資格の大原公式ホームページ、仕事力UPメール等でご案内させていただきます。実務経験豊富な講師陣飯塚 幸子先生財務分析・計画担当公認会計士【実務歴24年】山本 勇先生税務実務(法人税)担当税理士【実務歴20年】山口 一雄先生経理実務担当税理士【実務歴31年】早坂 仁一先生社会・労働保険実務担当社会保険労務士【実務歴25年】大原の「実務力養成シリーズ」の特筆すべき点として、多彩な実務経験と、講師としての豊富な経験の両方を誇る講師陣があげられます。講師は皆、税理士事務所、社会保険労務士事務所等の第一線で活躍している実務家が担当します。教材で実務の模擬体験ができる!知識と実務のギャップを埋める!仕事力の基礎を身につける!「決算書」を十分に活かすにはこうする!自動車の運転免許に、学科試験(理論)と実技試験(実践)があるように、簿記も大学や検定試験で勉強しただけで、実践を体験せず実務につくと戸惑うのはあたりまえです。この講座では、10数年間の受講生の声を活かしてテキストを作成し、実務未経験者でも分かるよう、実際の書類を教材に組込み、読むだけでも分かるようになっています。ぜひこの講座を受講し、経理実務をマスターしてください。税理士試験等で税法を学んだことはあるが、実務経験がないので就職するにあたって不安だ。実務経験はあるが、体系的に税法を学んだことがないので大きなミスをおかしてしまいそうで不安だ。新たに税務に関連する部署に配属されたが税務の知識がない。そんな悩みをお持ちの方に当講座では、税法の基本から申告書の作成まで、さまざまな不安解消のお手伝いをしていきます。最近は、資格を取得後に知識レベルだけでは実務に不安があり開業に踏み切れない方や、企業で実務に携わっていても、体系的な学習をする機会が少なく断片的な知識で疑問を持ちながら仕事を消化している方が多いのも事実です。当講座は、基本的な書式作成と各法律の体系と基礎知識を関連づけながら講義を進行していきます。私が実務で感じることは、経営者や財務担当者の「決算書」に対する認識と知識のギャップです。単に税金計算のために仕方なく作成しているケースがほとんどで、企業の実態を把握し、次期の経営戦略や、融資に関する積極的な資料になりうるツールであるにも関わらず、十分に活かし切れていません。そこで当講座では、企業の評価を行い、資金繰り計画や黒字倒産の理由を把握し、利益計画の立案の仕方などを学習します。1実務に携わる方多数登録他にも多くの実務家が講義を担当!29

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る