2019実務力養成シリーズデジタルパンフ
31/40

あなたをバックアップハイレベルな講師陣達が実務を考えて作成したテキストで織りなす講義。それは一言でいえば「実務を模擬体験できる講義」であり、「実務力養成シリーズ」最大の魅力です。必要な法律上の知識を学習し、これに申告書や各種の書類を当てはめて知識と実務が見事に結合されています。さらに講義の折々で語られる講師達の実務での体験談が加わります。万全のフォロー・サポート大原では欠席時のフォローや充実した学習環境など、さまざまな角度から受講生の皆様をサポートします。実務を模擬体験できる講義34振替視聴制度(要予約)質問対応欠席フォロー途中入学フォロー講義を欠席してしまった場合でもご安心ください。映像補講(有料)で欠席分をフォローできます。※映像補講は個別視聴ブースでご視聴いただけます。教室通学の開講日を過ぎてしまってからお申込みいただく場合、開講日からお申込日までの講義を映像で無料受講していただけます。途中入学フォローをご利用の際は、まず受講相談で今後のスケジュールをご確認いただいてからお申込みください。Web講義標準装備通学講座でもご自宅でWeb講義を活用! 通学講座で受講しながら「Web通信」の機能をフルに活用できるシステムです。復習や欠席時のフォローなどに万全の体制がとれます。学習内容の質問につきましては、所定の質問用紙にて質問ができます(回数制限あり)。教室通学生は講義の際に、講師に直接質問できます。※スキルアップセミナー及び日商簿記初級は質問対応はございません。映像通学生は受講校以外の学校でも映像視聴ができます。振替視聴する学校の映像視聴カウンターへ直接お電話にてご予約ください。教材は、お申込み時に選択した「受講校」での受け取りとなります。(振替先の学校では教材を受け取れません。)※教室通学・映像通学相互間での振替受講はできません。映像通学教室通学教室通学DVD通信Web通信映像通学映像通学教室通学AFP/CFP®登録者の方へ「継続教育研修のご案内」5パソコンOce2016講座についてはサポート内容が異なります。P.23~24をご覧ください。実務力養成シリーズでAFP・CFP®の継続教育を!AFPまたはCFP®として登録すると、2年間でAFPは15単位、CFP®は30単位の単位取得が必要になります。実務力養成シリーズは、単位取得のための継続教育の認定を受けております。対象コースは マークのあるコースとなります。単位数などの最新情報はホームページにてご確認ください。 実務映像通学教室通学New!(スキルアップセミナーを除く)実務力養成シリーズホームページURLhttps://www.o-hara.ac.jp/best/shigoto/course/continuing-education.html30継続研修AFP/CFP®対象継続研修AFP/CFP®対象

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る