本文へジャンプ

国家公務員 障害者選考試験

公務員講座(国家総合職・国家一般職・地方上級)

定型的な事務をその職務とする係員を採用するための試験を実施します

この選考試験は、人事院が第1次選考(筆記試験)を実施しますが、第2次選考(採用面接)は各府省が実施します。

  • 下記の試験情報は11月1日時点の内容です。

試験の日程

受験申込受付期間 2018(平成30)年12月3日(月)〜12月14日(金)
第1次選考日 2019(平成31)年2月3日(日)
第1次選考通過者発表日 2019(平成31)年2月22日(金)10:00
第2次選考日 2019(平成31)年2月27日(水)〜3月13日(水)
合格者発表日 2019(平成31)年3月22日(金)10:00

受験資格

  • 受験資格の詳細は必ず人事院にご確認ください。

次の要件(1)及び(2)を満たす者

(1)次に掲げる手帳等の交付を受けている者

  • 下記の手帳等は受験申込日及び受験日当日において有効であることが必要です。
  • 身体障害者手帳又は都道府県知事の定める医師(以下「指定医」という。)若しくは産業医による障害者の雇用の促進等に関する法律別表に掲げる身体障害を有する旨の診断書・意見書(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫又は肝臓の機能の障害については、指定医によるものに限る。)
  • 都道府県知事若しくは政令指定都市市長が交付する療育手帳又は児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者職業センターによる知的障害者であることの判定書
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • ただし、国籍に関する受験資格の有無もございますので、必ず人事院の受験要項をご確認ください。

(2)1959(昭和34)年4月2日以降に生まれた者※

  • 2018(平成30)年4月1日において、学校教育法に定める義務教育を終了した日から起算して2年以上の者に限る。

採用予定日

原則として2019(平成31)年3月31日まで

  • 本人の希望等を考慮の上、2019(平成31)年4月1日以降の採用もあります。

障害者選考試験に関する詳細はこちら

今から間に合う大原オススメコース

デジタルパンフレット
その他ご案内