学生時代はホームページ関連の勉強を専攻していました。また、在籍していた専門学校のオープンキャンパスにスタッフとして参加し、進路選択を考えている高校生たちと接するうちに、専門学校という業界に興味を持ちました。就職活動の時に、大原学園でホームページの制作ができる人材+入学検討者の進路相談アドバイザーを募集していたので、ここなら学校で学んだホームページの知識・スキル、そしてオープンキャンパスのスタッフとして経験したことが活かせると思い、入社を希望しました。

 企画広報の仕事は、カタチにこだわらず、様々な広告媒体を使って大原のPRをしていく仕事です。アイデアを出すために悩む機会も多いですが、自分が作ったパンフレットやダイレクトメールを手に取ったお客様や、ホームページを通じてご予約いただいたお客様が来校された時など、大原とお客様がつながった瞬間にやりがいを感じます。

ホームページを見てご来校いただいたお客様から進路のご相談を承った際に、「進路の悩みを解決できました」と、感謝の言葉をいただき、進路選択のお手伝いができたと実感しました。

  1年目は目の前の業務をこなすことで精いっぱいでしたが、ホームページのスキルだけでなく、様々な媒体を担当することで、多くの資料請求や問い合わせをいただけるためにはどうしたらいいか?を考えるようになりました。また、広報以外でもオープンキャンパスの進路相談アドバイザーとしてお客様と接する機会があり、最初は自分が覚えた知識を喋るだけでしたが、経験を重ねるうちに、お客様の立場に立って、最適な進路は何かを考え、ご提案できるようになりました。この経験を今後も大切にしながら仕事に活かしていきたいと考えています。