資格の大原に興味をお持ちいただいたお客様に、より大原を知っていただけるようご案内をするのが主な仕事です。また、入社5年目からはCDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の資格を生かして、就職や転職のご相談も受けています。なんとなく資格を取っておいたほうがいいかも…という方には、無理に講座の受講をお勧めしません。お客様が納得したうえで、その後の資格取得を目指していただけるように努めています。そのほか、ベテランの域になってからは部下の指導育成や各部門間の様々な調整も重要な仕事です。

 お客様から「ご丁寧にありがとう」「本当に来てよかった」という言葉をいただけたときが、何よりも嬉しいです。それまでの積み重ねが実を結んだんだと実感することができます。私たちのメイン業務は受付ですが、窓口で案内や手続きだけを行なっているわけではありません。ひとりでも多くのお客様に大原のファンとなっていただけるよう、他の部署(広報や教務)の方とお客様の声を共有しながら、一緒に「作り上げる」仕事も行っています。それだけに、お客様の温かい言葉が次への原動力にもなります。

 もともとは学校の先生になりたいと思っていました。でも、あるとき考えが変わりました。教えるのではなく、陰で支える立場から教育という世界に関わりたいと(余談ですが、学生時代は「陰のボス」と呼ばれていました)。そしてもっともっと視野を広げたかったのです。
 多くの人が資格取得という志をもって集まる大原は、非常に魅力的な学校でした。目標に向かって真剣に努力する人たちを見て、自分自身も成長し続けたいと大きな刺激を受けました。また、取り扱っている資格の種類が多かったことも、好奇心旺盛な私には見逃せませんでした。あとは、タイミングです(笑)。

 緩急がしっかりしています。普段はやわらかい(時にはおちゃらけた?)雰囲気が漂っていますが、繁忙時はテキパキしっかり仕事をこなします。
 また、私が所属している受付課では「フツーのOL」もいれば「お母さんOL」もいます。お互いを気遣い、何かあったらカバーしあえる環境にあります。「融和」という言葉がぴったりかもしれません。とても働きやすいです。