近畿大学併修コースを担当しています。単位取得に関する授業及び就職指導が主な仕事内容です。大学の履修科目には、法律科目という専門的な知識が必要なものもあるため、予習は欠かせません。また、就職指導においては、履歴書の書き方から面接指導まで、社会人になるにための全てをフォローします。また、公務員指導においては、高校生対象の無料講習会を行い、公務員現役合格の手助けをしています。

 「学生の人生に関わる事が出来る」という点です。人の人生に関わる事の出来る仕事は中々ありません。その中で、自身の経験や失敗を社会人の先輩として学生達に伝え、成長を肌で感じ取れるのは大きなやりがいです。また、学生の人生を左右する仕事でもあるため、軽はずみな言動、行動は許されません。自身を律する意味も込めて「学生は自身の鏡」という言葉を教訓として日々取り組んでいます。

 私は、入社前に他の企業で営業マンとして働いていました。思えば入社してから、ただがむしゃらに日々を過ごす事でいっぱいでした。そんな時大原学園の教員募集の案内に触れ、今までのように自身のためだけでなく、「誰かのために」働いてみたいと感じました。また、私自身が公務員受験の経験者であり、その経験をこれから受験する学生に伝えたいと思いました。 大原学園は、ただ単に勉強するだけでなく、社会人になるにあたっての教育に力を入れており、その教育指針に共感し、働く事を決意しました。

 私は、公務員課に所属しています。一見すると固く思われがちですが、上司・先輩は大変優しく、冗談が飛び交う職場です。普段は良い緊張感の中で仕事を行い、アフター5は上司や同僚と交流を図るため食事へ行ったりもするので働き易い職場です。
また、学生が中心の仕事であるため、会話の中身も「自分のクラスの学生は…」や「○○が内定取りました。」等、学生に関する事が多いです。二十歳前後の学生と毎日一緒に過ごすため、心身共に若くいれる職場です。