医療事務担当教員として、約30名の学生の担任を任されています。主に医療請求事務検定、並びに、医療秘書実務検定の合格を目標に講義を行っており、授業の準備などに追われて大変ですが、とても充実した毎日を送っています。
 また、就職活動をサポートするため、面接練習や履歴書作成指導も実施しています。その結果が実って、学生の就職が決まった時は、本当に指導した甲斐があったと思います。

 医療事務という職種に夢や希望を抱いて入学してくる学生に、医療事務の仕事の素晴らしさや、やりがいをお話しできるのはとても嬉しいです。私が経験した医療機関での出来事をキラキラした目で聞いてくれている時や、伝えたいことを理解してくれた瞬間の喜びは、教員という立場でしか得られない貴重なものだと思います。
 また、立派に医療事務として社会人となった卒業生が、相変わらず「先生」と慕ってくれているのも、教員を続けていられる理由の一つです。

 税理士事務所に勤めている知人が、以前、大原で学んでいました。その方をとても尊敬していましたので、その方が選んだ学校という事で、ここなら間違いないと思いました。もちろん教員としてやっていける大きな自信があったわけではありませんが、30歳を目前にして、何か新しいことにチャレンジしたかったのです。思った通り、今までの人生ではなかった貴重で有意義な経験をさせてもらっています。

 ビジネス系専門学校ということもあり、固いイメージがありますが、学生のイベントや行事などでは教員が学生を楽しませて盛り上げ役を担っています。仕事をするときは精一杯頑張って、遊ぶときはおもいっきり楽む。メリハリがあるところが大原の素晴らしいところです。