取得資格による
特待生制度

大原学園では、がんばる人を支援するために「取得資格による特待生制度」を実施しています。この制度は、大原学園入学までに取得した資格や成績を一定のランクに認定し、そのランクに応じて入学金・授業料の全額または一部を免除するものです。

※学校により制度の内容が異なるため、資料請求してご確認ください。

特待生になるまでのフローチャート
出願書類の提出の流れ イメージ

大原学園認定の資格を取得されている方は、そのランクに応じた特待生に認定いたします。この制度を希望する方は、入学志願書裏面の資格による特待生制度欄の資格名に○印をつけ、上記書類⑷を添えて提出してください。

応募資格 ⑴ 高等学校を卒業した方または2023年3月卒業見込みの方
⑵ 高等学校卒業者と同等以上と認められた方
応募期限 2023年3月31日
※AO入学第1期・指定校推薦・指定校自己推薦の方は2022年10月31日まで、AO入学第2期の方は2023年3月7日までにご出願ください。
選考方法 希望する出願方法による選考
出願書類 ⑴ 入学志願書
⑵ 各種推薦書(各種推薦入学の方のみ)
⑶ AOエントリー合格認定書(AO入学の方のみ)
⑷ 取得資格の合格証明書または合格証書、登録証、修了証、免許状等のコピー
なお、ランクの合算をすることはできませんので、最上位ランク資格の証明の提出のみで問題ございません。 ⑸ 以下のいずれかの書類

①高等学校発行の調査書

②大学・短期大学発行の成績証明書

③高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格成績証明書

※高等学校発行の調査書や大学・短期大学発行の成績証明書等は、提出前3ヵ月以内に作成されたものに限ります。

⑹ 選考料
⑺ 返信用切手(300円分)
認定資格
Aランク 日本商工会議所簿記検定1級
全国経理教育協会簿記能力検定上級
経済産業省応用情報技術者
Cランク 経済産業省基本情報技術者
経済産業省情報セキュリティマネジメント
介護福祉士
Dランク 日本商工会議所簿記検定2級
経済産業省ITパスポート
日本英語検定協会実用英語技能検定準2級
日本漢字能力検定協会日本漢字能力検定2級
Eランク 日本商工会議所簿記検定3級
全国経理教育協会簿記能力検定1級
(商業簿記・会計学または原価計算・工業簿記)
全国商業高等学校協会簿記実務検定1 級(会計または原価計算)
全国商業高等学校協会情報処理検定1 級
(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)
各種検定協会電卓検定有段者
各種検定協会ワープロ(ビジネス文書実務)検定1級
実務技能検定協会秘書技能検定2級
介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)
危険物取扱者乙4類
公務員1 次筆記試験合格者
武道(柔道・剣道等)有段者
Fランク 全国経理教育協会簿記能力検定2級(商業簿記または工業簿記)
全国商業高等学校協会簿記実務検定2級
全国商業高等学校協会情報処理検定2級
(ビジネス情報部門またはプログラミング部門)
全国工業高等学校長協会情報技術検定2級
各種検定協会珠算検定3級
各種検定協会ワープロ(ビジネス文書実務)検定2級
各種検定協会パソコン検定3級
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
実務技能検定協会秘書技能検定3級
日本ビジネス技能検定協会医療事務基礎検定
日本ビジネス技能検定協会ビジネスマナー基礎検定
日本ビジネス技能検定協会保育基礎検定
  • 注1) 高等学校既卒の方および高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格者がAランク・Cランクの資格を取得された場合は取得時期に関わらずDランク認定となります。

  • 注2) 入学手続き後、認定資格に合格された方または成績を収めた方は、証明書類を2023年3月31日(郵送の場合は必着)までにご提出ください。納入された学費のうち、免除金額に相当する金額を次回学費に充当または返金いたします。

  • 注3)認定資格・成績の免除額を合算することはできませんので、予めご了承ください。

  • 注4)認定条件は、出場メンバーとして登録されている方に限ります。メンバー証明書類の提出が難しい場合は、各校入学係へお問い合わせください。

  • 注5)上記以外で同等と思われる試験・資格に合格されている方は、各校入学係へお問い合わせください。

認定ランク区分および免除金額

次の認定ランク区分に応じ、入学金・授業料の全額または一部を免除いたします。

〈関東各校例〉

認定ランク区分
(免除金額)
関東各校
Aランク
(入学金と授業料2年間免除)
156万円免除
Cランク
(入学金と授業料1年次前期分免除)
54万円免除
Dランク
(入学金100%免除)
20万円免除
Eランク
(入学金50%免除)
10万円免除
Fランク
(入学金20%免除)
4万円免除