本文へジャンプ
集中資格コース

短期間で税理士試験合格を目指すコースです。

このコースは、各々簿記の学習レベルに合わせて学習をスタートできます。レクチャーだけでなく演習を十分に取り入れたカリキュラムにより、全くの初心者の方でも、確実に合格レベルに到達することが 可能です。効率的に短期間で複数科目に合格したい方に最適なコースです。

集中資格取得コースのポイント

月〜土曜の毎日学習

「その日の授業内容は、その日のうちに理解する」が基本ですので、次回に課題を残しません。

丁寧な質問対応で疑問点はすぐに解消

休憩時間や放課後に質問をし、疑問点を解消することができる個別質問体制が充実しています。分からないことをそのままにすることなく、スムーズに学習を進めることができます。

豊富な問題演習量で
確実なレベルアップ!

基礎から応用まで豊富な問題を提供。授業時間内に問題演習を実施することで、確実にレベルアップできます。

合格実績

※タップで画像部分を拡大できます。

集中資格取得コースの一日の流れ

集中資格取得コース一日の流れ
@ミニテスト
A講義 午前 午後
B問題演習 午前 午後
C解説 午前 午後
Dチェックテスト
E弱点強化・レベルアップ

 @ ミニテスト

朝のミニテストは前回の復習です。ここで前回の授業の理解度をチェックできます。

 A 講義

担任がその日の内容はその日のうちに理解できるように、講義時間を十分に取り、理解度に合わせた授業を行います。

 B 問題演習

大原のオリジナル教材を使用し、多くの問題演習を行うので、自分の弱点が把握できます。

 C 解説

本試験でよく出題される問題や応用問題などについては、丁寧に解説を行うので理解が深まります。

 D チェックテスト

その日の授業内容・理解度をチェックできます。

 E 弱点強化・レベルアップ

理解できなかった内容については、タイムリーに質問することができるので、授業内容をしっかり自分のものにして帰ることができます。また、オリジナルの補助プリント問題も多く実施するので無理なくレベルアップできます。

※一日の流れや終了時間は学校により異なりますので、詳細はパンフレットをご請求ください。

学習科目

簿記論(必須科目) 財務諸表作成の基となる企業の取引をどのように会計帳簿に記録するかを学習します。試験は計算のみの出題であり、改正に係わる出題や実務的な内容まで幅広い知識が必要です。
財務諸表論(必須科目) 株主等への報告書として作成する財務諸表の考え方や作成方法を学習します。試験は理論と計算からなり、理論は論述により近年設定や改正された基準が頻繁に出題される傾向があります。
所得税法(選択必須科目) 所得税は、個人が1年間に得た所得(もうけ)に対して国が課す税金です。試験問題の理論では個別問題も出題されますが、近年所得税の理解力を論述させる傾向にあります。
法人税法(選択必須科目) 法人税は、法人(会社)の所得(もうけ)に対して国が課す税金です。近年は事例形式の問題に対して法的な根拠を加えて考察を加える様な問題が出題されています。
消費税法(選択科目) 消費税は日本国内における消費や使用という行為に課される税金で、消費税が課される取引と課されない取引に区別することがポイントです。試験は理論と計算が出題されます。
相続税法(選択科目) 相続税は、人の死亡により承継された財産について課される税金です。試験では無償取得した財産評価が計算の中心となり、理論では事例に基づく申告手続きが出題されます。

簿記論(必須科目)

財務諸表作成の基となる企業の取引をどのように会計帳簿に記録するかを学習します。試験は計算のみの出題であり、改正に係わる出題や実務的な内容まで幅広い知識が必要です。

財務諸表論(必須科目)

株主等への報告書として作成する財務諸表の考え方や作成方法を学習します。試験は理論と計算からなり、理論は論述により近年設定や改正された基準が頻繁に出題される傾向があります。

所得税法(選択必須科目)

所得税は、個人が1年間に得た所得(もうけ)に対して国が課す税金です。試験問題の理論では個別問題も出題されますが、近年所得税の理解力を論述させる傾向にあります。

法人税法(選択必須科目)

法人税は、法人(会社)の所得(もうけ)に対して国が課す税金です。近年は事例形式の問題に対して法的な根拠を加えて考察を加える様な問題が出題されています。

消費税法(選択科目)

消費税は日本国内における消費や使用という行為に課される税金で、消費税が課される取引と課されない取引に区別することがポイントです。試験は理論と計算が出題されます。

相続税法(選択科目)

相続税は、人の死亡により承継された財産について課される税金です。試験では無償取得した財産評価が計算の中心となり、理論では事例に基づく申告手続きが出題されます。
  • 学習する科目は学校・コースにより異なります。

集中資格取得コースの資料請求・受講相談申込みはこちら

開講コース(全日 夜間)・設置校一覧

全日制(税理士初学者コース/簿記2級程度または税理士科目合格者対象コース)

簿記学習未経験者には簿記の基礎から学習を行い基礎力を高めます。
その後1年で2科目〜3科目を集中的に取得します。

開講月 毎月(11月を除く)学校により異なりますので、各校のページでご確認ください。
設置校 東北
関東
北陸
東海
関西
開講月
毎月(11月を除く)学校により異なりますので、各校のページでご確認ください。
設置校
東北
関東
北陸
東海
関西

夜間コース

簿記2級程度学習経験者または税理士試験科目合格者で、全日での通学が困難な方が対象です。

開講月 9月
設置校 関西
開講月
9月
設置校
関西

受講相談・ガイダンス情報

集中資格取得コースの資料請求・受講相談申込みはこちら