2017.4~2018.6 FPデジタルパンフ
10/36

「合格には何が必要か?」を徹底追求した大原のオリジナル教材。大原自慢のテキスト・問題集をはじめ、試験の出題予想問題で行う公開模試など、バランスよく学習できます。「最小限の努力で最大の効果を発揮する」…初心者の方も安心して学習できる使いやすさ抜群の教材です。大原自慢のオリジナル教材合格できる理由2最小の努力で最大の効果を発揮する!基礎講義で使用するオリジナルテキストは、FP技能検定で学習する6課目について効率よく学習できるように編集されたテキストです。学科試験・実技試験で必要となる共通した知識を養います。簿記や税理士などの講座で培った大原の教材作成のノウハウを活かし、「基本に忠実で分かりやすいテキスト」を実現しています。2色刷りと豊富な図表でわかりやすい!知識の定着は学科問題で万全に!実技試験の傾向を確認できる!学習効率を上げるためには、単に知識を詰め込むだけでは上手くいきません。大原では、知識の定着を考え、バランスの取れた教材となっています。まずテキストで学習を進め、問題集で身に付いているかを確認することで、学習進度のチェックができます。試験に向けてのモチベーション維持にも役立ちます。オリジナルテキスト問題集2FPとライフプランニング第1節○*問題DATE2011年5月試験問題1個人のライフプランニングにおいて、キャッシュフロー表に記入する金額は、物価変動等が予測されるものは、その変動を加味した、いわゆる将来価値で表すことが望ましい。○解答なお、個人のライフプランニングにおけるキャッシュフロー表は、現在の収支状況や今後のライフプランをもとに、将来の収支状況や貯蓄残高などの推移を表形式にまとめたものである。DATE2015年1月試験問題2ライフプランニング上の可処分所得の金額は、一般に、年収から税、社会保険料ならびに生命保険料を控除して求める。×解答ライフプランニング上の可処分所得の金額は、一般に、年収から税(所得税・住民税)、社会保険料を控除して求める。DATE2013年5月試験問題3税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客のために確定申告書の作成を反復・継続して行っても、その行為が無償であれば税理士法に抵触しない。×解答税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーは、有償・無償を問わず、税理士法に規定された税理士業務(確定申告書の作成や具体的な個別相談)を行ってはならない。なお、税制の一般的な説明をすることは、税理士法に抵触しない。DATE2011年1月試験問題4ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を有している者は、生命保険募集人の登録を受けずに生命保険の募集を行うことができる。×解答ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を有している者であっても、生命保険募集人の登録を受けなければ生命保険の募集を行うことはできない。DATE2008年9月試験問題5弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客からの相談に応ずる場合は、一般的な法令などの説明を行うにとどめ、個別具体的な法律事務の取扱い等は、弁護士等の専門家に委ねなければならない。○解答弁護士資格を有しないFPが、顧客からの相談に応ずる場合は、一般的な法令などの説明を行うにとどめ、個別具体的な法律事務(遺産分割をめぐって係争中の顧客から相談を受け、相続人間の利害調整を行うことなど)の取扱い等は、弁護士等の専門家に委ねなければならない。★★★〈実技編〉第1回問 題ファイナンシャル・プランニング技能検定・実技試験3級資産設計提案業務【第2問】 下記の(問3)、(問4)について解答しなさい。問3下記<資料>に基づく株式の評価尺度に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(2014年9月改題)<資料>株価2,600円1株当たり年間配当金39円1株当たり利益200円1株当たり純資産2,080円1. 株価収益率(PER)は、株価が1株当たり利益に対して何倍であるかを表す指標で、「2,600円÷200円=13(倍)」である。2. 株価純資産倍率(PBR)は、1株当たり純資産が株価に対して何倍であるかを表す指標で、「2,080円÷2,600円=0.8(倍)」である。3. 配当利回りは、1株当たり利益に対する年間配当金の割合を表す指標で、「39円÷200円×100=19.5(%)」である。DATE問題を解答した日付を入力できます。各問題を「3回」確認すれば、もう万全です。★印問題本試験の重要度・頻出度がMAXの問題。本試験までに絶対に押さえたい問題です。科目別過去の本試験より厳選した問題を、科目別に掲載しています。受検予定の問題をしっかり確認しましょう。アイコン本試験のポイントが一目でわかる!見開きページ左ページに解説、右ページに図解で理解度が大幅UP!左ページ文章による解説があります。「赤文字」を中心に確認しましょう。右ページ図表を併せて確認することで左ページの内容が記憶に残ります。講師コメント経験豊富な講師のアドバイスが合格に導く!赤シート重要用語の暗記に最適!おまけFP講座09

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です