本文へジャンプ

地方公会計講座

  • 3級試験完全対応 基礎コース
  • 2級試験完全対応 応用コース

地方公会計講座は総務省『統一的な基準』完全対応!!

複式簿記の知識と実務に役立つ財務書類の見方を学習!

本格的な発生主義会計・複式簿記を取り入れた新地方公会計に対応できる人材教育は、地方財政の効率化・適正化を推進する上で、重要な意味を持っています。本講座は、日々の仕訳や基本的な財務書類の作成手順、固定資産台帳の整備、財務書類の見方・関係などを学習できる統一的な基準による地方公会計の基礎学習に最適な講座です。

地方公共団体・地方公営企業にお勤めの方はオススメ!

原則として平成27年度から平成29年度(平成30年3月末)までに、統一的な基準による財務書類の作成等が全地方自治体に要請されたことにより、行政事務に携わる方々にとっても、発生主義・複式簿記の知識と新地方公会計の財務書類等の知識はもはや必須と言えます。

学習の効果を検定試験によって評価できます!

公式教科書と問題集をメイン教材として、講義と問題演習で合格できる実力を養成します!新制度での実務に直結する内容を基礎編、応用編として、確実にステップアップしながら習得することが可能であり、検定試験でその実力を適正に評価できることが魅力です!

オススメコース

初学者の方

通信講座通学講座

基礎コース

地方公会計3級検定試験対応

簿記原理編では、企業会計をベースに発生主義会計・複式簿記の考え方、会計手続きの流れ、そして財務書類の作成方法を学習します。地方公会計編では、複式簿記により記録された財務情報をもとに財務書類の作成方法と見方を学習します。

基礎コース学習経験者、地方公会計検定3級レベルの方

通信講座通学講座

応用コース

地方公会計2級検定試験対応

基礎コース(地方公会計検定3級レベル)の知識をもとに、地方公会計特有の各種論点を掘り下げて学習します。公式テキストでは、開始時貸借対照表の作成から連結財務書類の体系理解まで、実践的な仕訳例を豊富に掲載しており、実務上必ず押さえておきたい知識をOJT感覚で習得することが可能です。

デジタルパンフレット
地方公会計講座 パンフレット 最新パンフレット
公開中!!
デジタルパンフを見る 資料を請求する
受講相談・体験入学
その他ご案内