2017.6〜2018.8 公認会計士 上級コース1 デジタルパンフ
10/64

学習効率を考え、内容を厳選した合格のために必要な情報をコンパクトに集約!受講生の皆さんが効率的かつ効果的に学習できるように、大原の常勤講師は教材開発に尽力しています。実際に大原で合格の栄冠を勝ち取った先輩達の誰もが口にする“これだけで絶対に合格可能!”なテキスト・答練を徹底的に活用すれば、必ずや合格を実現できることでしょう。毎年改訂!毎年改訂!毎年改訂!毎年改訂!大原のオリジナル教材大原のオリジナル教材大原のオリジナル教材大原のオリジナル教材大原のオリジナル教材大大大Point第2章 一般第1節 真実性□□□ 1 企業会真実性の原として会計目本理念として□□□ 2 真実性則及び貸借対照表原則は、ここにいう真実の内容を明確にするとともに、その範囲を限定するものである。□□□ 3 現行制度会計は、同一の会計事実について複数の会計処理の原則及び手続の選択適用が許容されているから、会計報告の真実性も複数許容されている会計処理を前提とした真実性でしかない。□□□ 4 会計慣習には1つの事実に対して複数の会計処理及び表示の方法が存在することから、真実な報告は相対的な性格を有することになる。すなわち、これらのうち、いずれの方法を採用したとしても、現行の制度会計において、それは真実な報告である。□□□ 5 真実性の原化のために減価飛躍的に正誤判断力が向上する!大原では短答対策として財務会計論(理論)・管理会計論・監査論・企業法の4科目について「肢別チェック」を制作し、演習用の教材として配付しています。この肢別チェックにより網羅的に知識を整理・記憶でき、正確かつ素早い正誤判断力が習得できるので、毎年大原生の短答合格率は圧倒的に高いのです。※短答対策を含む本コース又は12月短答必勝コースをお申込の方のみ肢別チェックをご提供いたします(申込科目に限る)。なお、上級論文総合本コース、上級論文対策本コース、上級論文答練本コース、ステップ答練セットコース、12月短答必勝履修者のための上級論文対策本コース、短答対策セットコースには肢別チェックは含まれませんのでご注意ください。正解できなかった問題は、このチェックボックスをチェックすることにより、自らの弱点をしっかりと把握でき、穴のない効率的な復習ができます。効率的な復習が可能!■定款の作成■3940414243445AABCABA定款定款の絶対的記載・記録定款の相対的記載・記録発起人の特別利益現物出資現物出資の有用性現物出資の危険性項但書など)。特別の利益とは、発起人の会社設立企画者としての功労に報いるために与えられる特別の財産上の利益であり、発起人の報酬と異なり、通常会社の継続的負担となるものをいう(168条1項4号)。現物出資とは、金銭以外の財産をもってする出資をいう(168条1項5号、280条の2第1項3号)。株式会社においては、現金をもって払込む金銭出資が原則である。しかし、会社が予め特定の財産を確保しておくことが必要な場合があり、また、出資者にとっても便宜なこともあるから、例外的に金銭以外の財産による出資を認めたのである。現物出資は金銭出資と異なり、出資の目的物たる財産の価格評価が必要である。その際に、過大評価して出資者に対して不当に多くの株式を与えるならば、会社の成4243445A現物出資の危険性、過大評価して出資者に対して不当に多くの株式を与えるならば、会社の当初資本額実会財産保有ず資本充実持ち運びに便利なポケットサイズ!ポケットサイズ(B6版)の用語・定義集を財務会計論(計算)・管理会計論以外の科目で配付しています。通学・通勤時間などのちょっとした空き時間に利用できるため時間を有効活用し効率的に暗記できます。大原だけの論文合格格ツール『ポケットコココンパス受験年毎の出題可能性に応じ、それぞれの定義・用語の項目にA~Cの重要度ランクをつけていますので重要論点から優先的に暗記できます。重要な定義・用語から優先的に暗記できる!をあ し べ つ原則における真実とは相対的なものであるから、経理担当者の個人的判断に基づき、利益の平準価償却の方法を変更することも認められうる。録事項録事項■定款の作成■定款とは、実質的意義においては、会社の組織・活動に関する根本規則であり、形式的意義においては、このような根本規則を記載した書面または記録した電磁的記録である。定款に必ず記載または記録する必要があり、その記載または記録を欠くときは、定款全体が無効となる重要な事項であり、166条1項に列挙されている。定款に記載または記録しなくても定款自体の効力に影響はないが、定款に記載または記録しなければその効力が認められない事項である(168条1項以外に、204条1項但書など)394041ス』般原則性の原則会計は、企業の財政状態及び経営成績に関して、真実な報告を提供するものでなければならないとする原則は、財務諸表に関して真実な報告を要請するものである。すなわち、この原則は、会計公準を前提目的から演繹された、会計行為のうち処理面に関する包括原則であり、企業会計の最高規範ないし基て位置付けられるものである。性の原則は、企業会計の最高規範として位置づけられ、真実性の原則を除く他の一般原則と損益計算書原大原だけの短答合格ツール『肢別チェック』9

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です