公認会計士とは?

監査・コンサルティングから内部統制までこなす会計のプロフェッショナル

企業会計のスペシャリストである公認会計士。その活躍の場は今後益々広がっていくことが予想されます。
以前は「公認会計士=監査業務」というイメージの強い資格でしたが、今後は公認会計士としての専門的な知識を活かし、監査業務のみならず、一般企業における経理・予算管理等といった企業活動を支える業務やコンサルティング、株式公開支援、税務業務といった様々なフィールドでの活躍が期待されています。
また、IFRS(国際財務報告基準)の導入へ向けて、企業内における会計知識や会計関連業務の重要性は更に増大していくことが予想されます。

続きを読む

こんな仕事があります

公認会計士

閉じる

公認会計士のオススメポイント

  • 監査業務は公認会計士にのみ許された独占業務!
  • 会計のプロとして様々なフィールドで活躍できる!
  • 医師・弁護士と並ぶ3大国家資格として、社会的ステータスも高い!

公認会計士になるには?

公認会計士試験

短答式試験
年2回の実施により
合格チャンス拡大

短答式試験合格者
短答式試験合格者は
短答式試験を2年間免除!

論文式試験
科目合格制度により、
合格した科目は2年間免除!

公認会計士試験合格者

実務補習(所定単位習得)
実務補習の全課程を修了した者は、日本公認会計士協会が実施する「修了考査」が受験でき、
これに合格した者が晴れて公認会計士となる。

業務補助(2年以上)
2年間以上、監査法人または公認会計士の業務を補助するか、企業等において一定の監査類似の業務に
従事することが必要。ただし、公認会計士試験合格の前後は問わない。

修了考査(日本公認会計士協会)

公認会計士

試験の案内

試験の難易度

★★★★★

試験実施時期

【短答式試験】12月初旬の日曜日及び5月下旬の日曜日
【論文式試験】8月下旬の3日間(土日含む)

合格者数

1,108人(合格率:10.8%)(2016年試験機関発表の全国合格者数・合格率)

受験資格

なし

試験科目

必須科目:財務会計論、管理会計論、企業法、監査論、租税法
選択科目:経営学・経済学・民法・統計学(うち1科目選択)

  • 租税法および選択科目は、論文式試験のみ実施
問い合わせ先

公認会計士・監査審査会事務局 総務試験室試験担当係
TEL:03-5251-7295

大原の実績

2006年〜2016年 公認会計士試験合格実績 大原生合格者の合格実績累計(新試験制度制定後):6,690名

公認会計士を目指す学校・講座のご案内

  • 専門学校

    専門学校

    専門学校に進学して、就職や公務員合格を目標に、資格取得や即戦力を身につけます。

    こんな方にオススメ
    高校卒業生/大学・短大卒業(中退)生/
    浪人生/フリーター
    学習期間
    1年〜4年
    開始時期
    4月・9月
    • 専門学校に進学して、公認会計士試験合格を目指します。
    • 大手民間企業や監査法人・会計事務所などへの就職を目指す方にオススメです。
  • 資格の講座(社会人講座)

    資格の講座(社会人講座)

    Wスクールや社会人の方の資格取得や公務員合格をサポートします。

    こんな方にオススメ
    社会人/大学生/短大生/フリーター/
    高校生/主婦
    学習期間
    約2年
    開始時期
    毎月
    • 公認会計士合格のための通信・通学講座のご案内です。
    • 時間割はお勤めの方や大学在学中も通えるように、フレキシブルに選択可能です。
    • コースは、受験生のレベルに合わせて豊富にご用意しています。
  • 集中資格取得コース

    集中資格取得コース

    圧倒的な学習時間や問題演習で、最短合格や新卒就職を目指します。

    こんな方にオススメ
    大学生/短大生/社会人/フリーター
    学習期間
    8ヵ月〜2年
    開始時期
    11月を除く毎月
    (学校により異なります)
    • 1日の多くの時間を勉強に費やせる、学習専念者におすすめです。
    • 担任制で合格までしっかりフォローします。
    • 毎日決まった時間に通学するので、学習ペースを保つことができます。