2019.8~2020.2公認会計士 初学者 デジタルパンフ
41/88

●スクール規模別・常勤講師割合別の教材開発力大原の教材が優れている理由❶シンプルにわかりやすく教材は綺麗に使用したかったので、付箋はインデックス代わりに使用せず、解決したらすぐに外しました。ペンとマーカーは多くの色を使用していると、書き込みと印を付けただけで勉強をやった気になるだけで身にならなかったということにならないように、できるだけ種類は少なく、シンプルにすることにより、後で見直した際にわかりやすくなります。●付箋消化したものはすぐに外します。黄色 … 後で質問する箇所青 … もう一回見直をする箇所●ペン(写真A)それぞれの色に意味を持たせて書き込みを区別するために使い分けました。えんぴつ … 板書の書き込みく ろ…試験上で重要な箇所(ひっかけなど)あお…先生が言っていたことのメモと板書の色違いの箇所。復習の時、答練等でテキストに書いていない論点などや追加の書き込みなど、理解の助けになることや追加知識のまとめ●マーカー(写真B)基本は2色、企業法のみ4色に色分けしました。ピンク … 講義中に指示があった箇所みどり … 復習や肢別チェックをしていて自分で重要だと思った箇所企業法のみ追加でオレンジ … 講義中に指示された定義(ピンクとは別の色でマークの指示) むらさき … 自分で趣旨をわかりやすくするため。企業法は趣旨がわかっていないと使い物にならないので「~ため」「~であるから」といった箇所をマーク。❷持ち歩きに便利! 追加論点をまとめたオリジナルノートを作成! 答練で出題された追加論点をコピーして、問題(左)と解答(右)に分けて(写真C)切り貼りしてわかりやすいようにまとめたA5サイズのノート(写真D)を作りました。企業法だけは採点基準が大切だということで問題と解答と採点基準をセットにしてまとめました。自分で見てわかればよいので、テキストの項目順に張り付けていきました。ポケットコンパスと同じサイズにしたことで電車での移動の際の勉強で重宝しました。これはあくまでも私のやり方であって、やり方は人それぞれだと思います。現在勉強中の方は既に自分なりの情報整理をしていると思いますし、こんなやり方もあるんだ程度に、これから勉強を始めようと考えている方も、最終的には自分がわかりやすいまとめ方を見つけて頑張ってください。萬年 英旺さん2018年公認会計士試験現役一発合格専修大学商学部私のテキスト活用術(写真A)ペンの色に意味を持たせて書き込みを区別(写真C)左ページに問題、右ページに解答(写真D)オリジナルのA5サイズノート(写真B)マーカーの色を使い分ける受験教材として不適切なゾーン●受験指導のプロによる完全新作の教材なので合格に必要な情報のみを、 より厳密に精査することができる●全国の常勤講師陣が情報を共有し同じ教材を使用しているので、 他の講義への振替出席等も自由に行うことができる●法改正や制度改正があった場合でも、大原のプロの講師陣による 正確かつ迅速な対応が可能低い常勤講師の割合スクール規模小さいスクール規模大きい高い常勤講師の割合小さい非常勤の講師が各人のスタイルで講義を行うので、情報が統一されておらず、他の講義への振り替えも困難一般的なスクールAの教材スクール規模が小さく分析力が低いので、情報量が不適切で合格レベルに到達しにくい。また、過年度の教材を訂正再版しているので、試験傾向の変化や法改正への対応も鈍化しがち一般的なスクールBの教材40一発合格主義

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る