本文へジャンプ

よくある質問

税理士

よく寄せられる質問をまとめました。受講のプランニングにお役立てください。
心配事や迷いがあっては、勉強に集中できません。ここでは、受講生や税理士試験を目指す皆さんから寄せられる質問をご紹介します。この他にも、受講プランなどのご相談は各校にお気軽にご相談ください。

よくある質問

  • Q1.
    受験資格があるか心配なのですが?
    A1.

    受験資格には様々ありますので、まずはきちんと確認されることをおすすめします。例えば 大学または短大を卒業された方なら、法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修していれば、卒業した学部に関係なく受験資格となるケースがあります。また会計事務など所定の実務経験が2年以上あれば受験資格を得ることができます。

     ≫ 詳細につきましては国税庁のホームページをぜひご覧ください。

  • Q2.
    大学生ですが、いつからスタートできますか?
    A2.

    大学3年生以上であれば、条件を満たす必要な単位を履修をしていることにより受験資格を得ることができます。大原では大学1年生の12月以降であればいつでも税理士の学習を始めることができます。早く始めた方が有利となりますので、思い立った日にスタートするのが一番です。
    ※条件を満たす必要な単位についてはこちら

  • Q3.
    仕事と両立できるか不安です。大丈夫でしょうか?
    A3.

    税理士試験は“科目別合格制度”となっていますので、比較的仕事と両立がしやすい試験です。学習ボリュームは非常に多いですが、仕事と両立して学習スケジュールを作る手伝いを専任講師がしますのでご安心ください。残業等が多く定期的な通学が難しい方は、学習スケジュールを調整しやすい映像通学・通信講座がお勧めです。自分に合った学習スタイルで合格を目指せます。

  • Q4.
    試験に合格された方はどんなところに就職していますか?
    A4.

    会計事務所へ就職する方が多いようですが、税理士の科目合格をすると履歴書に書くことができますので、最近は一般企業へ就職する方も増えているようです。また、税理士法人が認められ組織的に税理士業務が行えるようになりましたので、今後ますます税理士の活躍フィールドは広がっていくことでしょう。

  • Q5.
    教室通学で講義を欠席した場合はどうすれば良いのでしょうか?
    A5.

    ご安心ください。大原には、受講生のご都合にあわせ「学校」と「自宅」のいずれかで利用することができるサポート体制があります。学校で利用する「振替出席制度」や「映像補講」。さらに、自宅で利用する「Web講義」があります。Web講義を利用すれば、忙しい社会人の方も大原の授業を自宅で視聴できます。

  • Q6.
    通学講座はいつまでに申込めば良いですか?
    A6.

    通学講座は開講日当日でもお申込みOKです。ただし、人気講師の講義は教室の定員により締め切らせていただく場合もございますので、なるべくお早めにお申込みください。

  • Q7.
    既に始まっているコースに申込むことはできますか?
    A7.

    開講日を過ぎてからのお申込みも承っています。
    通学講座の途中入学では、すでに終了してしまった講義の学習計画を専任講師が一緒に考えますので、お気軽にご相談ください。通信講座の場合は、教材発送開始日以降のお申込みの場合、初回の発送時に既発送分をまとめてお送りいたします。さらに、専任講師が電話で学習相談に応じますので、安心して随時学習をスタートできます。

  • Q8.
    質問の仕方を教えてください。
    A8.

    講義の前後はもちろん直接職員室等でも承ります。来校が困難な方は、職員室直通の質問専用電話を設けておりますので、お気軽にご利用ください。また、通信生の方は、郵送、メールでのご質問も承ります。

  • Q9.
    どのようなプレーヤーでDVDを見ることができますか?
    A9.

    大原のDVD通信講座はDVD-Rを使用しています。お申込みの際は、あらかじめ、お手持ちのDVDプレーヤーがDVD-Rに再生対応しているかご確認ください。

  • Q10.
    Web通信[またはWeb講義]が受講できる動作環境を教えてください。
    A10.

    https://goukakuweb3.o-hara.ac.jp/Check/
    Web通信[またはWeb講義]のご利用にあたり「パソコンの動作環境」「スマートフォン・タブレットの動作環境」を上記URLによりご確認ください。また、上記URLにて、無料体験及び動作確認を行うことができます。
    【お申込み前に】
    ●当講座を受講するには、パソコンやスマートフォンの基本操作(キーボードによる日本語入力、ブラウザ、電子メールの利用など)を身につけていることが前提となります。
    ●学習や受験に関するご質問以外(例えば、個別のパソコンやソフトウェアの使用方法に関するご質問等)には、お答えできませんのでご了承ください。