ページTOPへ戻る

活躍する卒業生活躍する卒業生

活躍する卒業生

先輩たちがいきいきと働けるのは、自分の個性や能力を発揮できる職場があるから。
大原で自分の夢をつかんだ先輩たちにあなたも続いてみませんか。

  • 常に思いやりの心を持ちながら、患者様に接していきたいです。

    勤務先は小児への歯科診療をメインとしているので、大人の患者様に接するのとはまた違う気遣いが必要です。子どもにとって歯の治療は不安だらけだと思いますが、そんな時に歯科衛生士がかける言葉一つで安心感を与えられるのだ、という事を実感する日々です。子どもへの歯磨き指導や虫歯予防業務等色々と勉強中ですが、とても充実しています。

  • 泣き出した子が「いっしょにがんばろう」の言葉で歯磨きをがんばってくれました。

    高校時代、友人と一緒に大原学園のオープンキャンパスに参加し、そこでお話を聞くうちに歯科衛生士になろうと決心しました。当クリニックは住宅地にあることもあり、地域に住む子どもたちやお年寄りも多く来院されます。歯科衛生士には予防指導の業務があるので、医師以上に患者様とのコミュニケーション能力が必要な職業だと考えています。

  • 丁寧な仕事を心がけ、早く一人前の歯科衛生士になりたいです。

    私は社会人経験を経て歯科衛生士になりました。現在は少しずつ業務をスキルアップしながら、実務経験を積んでいます。自分の処置一つひとつが患者様の健康に直結する仕事なので、責任重大だと日々感じています。様々な経験を重ねたからこそ今があると思うので、早い遅いは関係ありません。興味を持ったなら、何事にも挑戦してみて下さい。

  • 臨床実習での経験が資格取得へ向けたモチベーション維持になりました。

    私は一度大学に通っていましたが、自分にしかできない仕事がしたいと思い、国家資格である歯科衛生士の資格と取ろうと決めました。臨床実習は大変なこともありましたが、実際の現場で衛生士の仕事を体感することで資格取得へ向けたモチベーション維持につながりました。今後は歯周病認定衛生士の資格取得も目指しながら、歯科衛生士として頑張っていきたいです。

  • 患者様のお口の健康を守ることが私の仕事です。

    一人ひとりの患者様に寄り添って、最適な治療ができるように心がけています。患者様から感謝された時や先輩から成長を認めてもらえた時が嬉しいですね。在学中に資格の勉強や実習などを最後まで頑張り抜いた経験があるので、今の仕事にも自信を持って向き合っていけます。今後も積極的に経験を積み、さまざまな症例の患者様に対応できる力を養いたいです。

  • 働きやすい環境の中で、日々技術を磨いています。

    高校生の時に歯科医院に通ったことで、歯科衛生士という仕事を知り、この仕事を目指し始めました。今の職場はとても和気あいあいとした雰囲気で、先輩たちも歯科医師の先生方もとても良くしてくれます。強く実感しているのは、仕事で大切な心構えなどを在学中の臨床実習で学べたのが、本当に良かったということです。今後も技術をさらに高めてスキルアップしていきたいです。

  • 歯科衛生士は患者様と信頼関係を築ける、やりがいのある職業です。

    現在自分の担当の患者様を持ち、診療を行っています。担当制だと患者様との信頼関係が築きやすく、やりがいがあります。お帰りの際に「口の中がすっきりして気持ちが良かったです。ありがとう」と言われたのは大変嬉しい経験でした。今後は歯周病についてもっと勉強し、患者様の歯を1本でも多く健康に保てるようにしていきたいです。

  • 患者様の健康を守るため、今後もステップアップしていきたいです。

    歯科診療や手術のアシスタントが主な業務です。まだまだ先輩衛生士に学ぶ事も多く、この仕事は常にステップアップし続けなければならないのだと実感する日々です。自分ができる業務が一つずつ増えていくのが楽しいですし、患者様から感謝の言葉を頂けるととても嬉しいです。もっと知識を増やし技術を磨き、自分を高めていきたいと思います。

  • 医療や介護に興味がある人、人と接することが好きな人には魅力溢れる職業です。

    母が歯科助手の仕事を長く勤めていて、歯科衛生士の資格を取らなかったことを少し後悔しているという話を聞いて、歯科衛生士になろうと決めました。学校でひたすら受けていた基礎知識の授業も、現場に出ると大きな意味を持ち、しっかり勉強して良かったと思えます。授業で使った教科書は今でも、大切な参考書です。

  • 臨床実習で指導いただいた内容が今の仕事でも活きています。

    患者様の歯磨きの方法などに改善が見られた時に、この仕事のやりがいを感じます。在学中に臨床実習に行った際に、先輩の歯科衛生士が患者様からとても感謝されるのを見て、私も早く患者様の役に立ちたいと思いました。実習で経験したことや指導いただいたことは、今でもよく思い出します。患者様に信頼していただけるように、これからも努力を続けていきます。

  • 実習でお世話になったクリニックで現在は働いています。

    雰囲気の良さに魅力を感じていた実習先のクリニックに就職できました。院長の優しい人柄もあってクリニックはいつも活気があり、私も明るい気分で日々働いています。大原で身につけたビジネスマナーを実践することで、患者様とのコミュニケーションが円滑になっていると感じます。尊敬できる先輩方と一緒に働いているので、早く先輩のようになりたいですね。

  • 自分が診療した患者様に喜んで頂けると、とても嬉しくなります。

    歯科衛生士は大変やりがいがあり、様々な働き方が可能な職業です。私は社会人経験後、手に職をつけたいと思いこの道を志しました。年齢問わず、同じ目標を目指す仲間と出会えた大原での学生生活は楽しかったです。職場では幅広い業務に挑戦させて頂いており、成長できています。経験を積み、臨機応変に対応できる歯科衛生士として活躍していきたいです。

  • 大原で学んだビジネスマナーの勉強が、歯科衛生士として働く私の役に立っています。

    高校の友人から歯科衛生士の仕事を教えてもらい、興味が湧いたので調べてみたのがきっかけで、歯科衛生士を目指しました。大原学園では歯科衛生士の資格以外に、秘書検定3級にも合格しましたが、その時のビジネスマナーの勉強は、今も職場で役に立っています。大原の先生方は時に厳しい指導もありますが、授業以外でも質問に丁寧に答えてくれて相談にも乗ってくれるとても優しい方々です。

  • 知識と技術を磨いて、次に入ってくる後輩たちに頼られる歯科衛生士になりたい。

    小さな頃から歯科医院にクリーニングで通っていたのが、歯科衛生士に憧れたきっかけです。患者様から「ありがとう」や「きれいになりました」と感謝の言葉を掛けてもらえると、この仕事に就いて良かったと思えます。現場に出ると学校で習っていても身についていないこともあり、その時はちゃんと調べて確認するように心がけています。

  • 母の勧めで選んだ歯科衛生士。歯科助手バイトの経験が最大限に活きてます。

    高校時代はなんとなく医療方面に進みたいと考えていて、3年の夏休みに姉も通っていた大原のオープンキャンパスに参加しました。学校の雰囲気や設備も良く先生たちも話しやすくて、この学校で歯科衛生士を目指すことにしました。その後、現在の職場で歯科助手としてアルバイトをしていたのですが、専門用語などを知るためにも歯科助手の仕事を経験するのはお勧めですよ。

  • 「あの歯科衛生士さんがいるなら行きたい」と言ってもらえる歯科衛生士になります!

    小さなころは歯医者さんに通うのが嫌いだったのですが、ご近所の病院に綺麗で優しいお姉さんがいて、その人がいる日を選んで歯医者さんに行くようにしていました。そのお姉さんの職業が「歯科衛生士」だったことを後に知り、それが歯科衛生士に対する憧れの第一歩でした。「あの衛生士さんがいるなら治療してもらいたい」って言われたいですね。

※上記の内容は大阪歯科衛生学院専門学校のものです。