学校法人 大原学園 東京情報クリエイター工学院専門学校
arrow_backarrow_largearrow_middlearrow_smallcourse_circlecourse_hexagonicon_arrow_lighticon_cre_01icon_cre_02icon_cre_03icon_cre_04icon_it_01icon_it_02icon_it_03icon_it_04icon_mailicon_mapicon_phoneicon_schoolicon_sp_arrowicon_touchSAMPLE-A.SVGSAMPLE-B.SVG

TUITION SUPPORT

自立した学生生活を送るために支援する制度

国の奨学金について

日本学生支援機構の奨学金は、経済的理由により修学が困難である優れた学生に対して学費を支援する制度です。奨学金には第一種(無利息)と第二種(利息付)の2種類の貸与制度があります。

申込み資格 予約採用の場合

専修学校(専門課程)に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人
  1. 2023年3月に高等学校または専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
  2. 高等学校または専修学校(高等課程)を卒業後2年以内の人
  3. 高等学校卒業程度認定試験に合格した人、科目合格者で機構の定める基準に該当する人、または出願者

※募集時期等は、必ず在籍している(在籍していた)高等学校に確認してください。

第一種奨学金(無利息)
学力基準
  1. 高等学校の1年から申込時までの成績の平均値が5段階評価で3.5以上
  2. 高等学校卒業程度認定試験に合格した人、または科目合格者で機構の定める基準に該当する人
  3. 生計維持者(父母等、2人いる場合は2人とも)の住民税(所得割)が非課税であって、以下のいずれかに該当するとして学校長の推薦を得られる人
  • 特定の分野において特に優れた資質能力を有し、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること
  • 進学先の学校における学修に意欲があり、進学先の学校において特に優れた学習成績を修める見込みがあること
家計基準

家計の基準額は、世帯人員・就学者の有無等によって異なります。生計維持者(父母、父母がいない場合は代わって生計を維持している人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

世帯人数 給与所得者 給与所得以外
3人 657万円 286万円
4人 747万円 349万円
5人 922万円 514万円

※予約採用の場合

貸与月額
自宅通学 自宅外通学
5万3千円 5万円・6万円
2万円・3万円・4万円
第二種奨学金(利息付)
学力基準
  1. 高等学校における学業成績が平均水準以上と認められる人
  2. 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる人
  3. 専修学校(専門課程)における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
  4. 高等学校卒業程度認定試験に合格した人、または科目合格者で機構の定める基準に該当する人
家計基準

家計の基準額は、世帯人員・就学者の有無等によって異なります。生計維持者(父母、父母がいない場合は代わって生計を維持している人)の収入金額が選考の対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

世帯人数 給与所得者 給与所得以外
3人 1,009万円 601万円
4人 1,100万円 692万円
5人 1,300万円 892万円

※予約採用の場合

貸与月額

2万円〜12万円(1万円単位)

入学前の予約採用制度について

当校への入学前に奨学金の予約ができます。申込みは、在学している(在学していた)高等学校等を通じて行います。手続き上、早期に募集が締め切られますので、お早めに高等学校奨学金担当者へお問い合わせください。なお、高等学校卒業程度認定試験(旧大検)合格者は、日本学生支援機構への直接申込みとなります。
申込み時期の目安 例年4月~7月頃(第一種・第二種)
※詳細は日本学生支援機構奨学金相談センターへお問い合わせください。 (0570–666 –301 または 03–6743–61 00 月〜金 9:00〜20:00)
日本学生支援機構ホームページ

入学前の予約採用制度について

当校への入学前に奨学金の予約ができます。申込みは、在学している(在学していた)高等学校等を通じて行います。手続き上、早期に募集が締め切られますので、お早めに高等学校奨学金担当者へお問い合わせください。なお、高等学校卒業程度認定試験(旧大検)合格者は、日本学生支援機構への直接申込みとなります。
申込み時期の目安
例年4月~7月頃(第一種・第二種)
※詳細は日本学生支援機構奨学金相談センターへお問い合わせください。  (0570–666 –301 または 03–6743–61 00 月〜金 9:00〜20:00)
日本学生支援機構ホームページ
scrollable