入試・科目等履修生案内

※2020年度入学者用の入試に関する詳細は5月下旬に掲載予定です。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

大原大学院大学会計研究科では、会計の公正性を確保することのできる高度な知識と技能を兼ね備え、さらに高い倫理観を持ち、国際感覚を身に付けた高度な会計専門職業人として活躍することを目指す学生を受け入れます。具体的には、①公認会計士A税理士 ③ 企業及び公的機関の財務部門のスペシャリストを目指す学生を受け入れます。

目的達成のための意思をしっかりと持ち、その達成を願う学生を本学は募集します。そのために、簿記学力の程度や保有資格などの志願者の特性に応じた様々な選抜方法により、広く学生を受け入れます。
具体的な選抜方法は下記のとおりです。

入試方法

入試方法は次のとおりです。詳しくは、後述の各試験説明でご確認ください。

一般入試 会計学の筆記試験と面接試験により選考を行います。
自己推薦入試 日商簿記検定2級以上や税理士試験一部科目合格等の所定の資格を有する方を対象として、これまでの学習実績や実務経験に基づく書類審査と面接試験により選考を行います。
AO入試 基礎学力や学習意欲等を重視し、会計学の筆記試験を行わず、書類審査(小論文を含む)と面接試験により選考を行います。ただし、日商簿記検定2級以上を保有していない方は、入学まで所定の方法にしたがって簿記学習を行い2級相当の学力を身に付けることが義務付けられます。
留学生特別入試 留学生を対象として、基礎学力や学習意欲等を重視し、会計学の筆記試験を行わず、書類審査(小論文を含む)と面接試験により選考を行います。ただし、日商簿記検定2級以上を保有していない方は、入学まで所定の方法にしたがって簿記学習を行い2級相当の学力を身に付けることが義務付けられます。

修士論文の作成を希望される方へ

修士論文を作成して学位を得ることを志望する者は、以下を確認の上、出願してください。

  • (1)税理士になることを目指す者に限ります。
  • (2)研究分野は会計学(財務会計分野に限る)か税法のいずれかです。
  • (3)志望の表明および研究分野(会計学/税法)の申告は、入学試験の出願時のみとします。
    入学後の志望の表明および研究分野の変更は、原則として、認めません。
  • (4)指導教員を指定して出願することはできません。

■入試日程

本年度の入試は全て終了しました。2020年度入学者用の入試日程は5月下旬に掲載予定です。

入学試験要項

大原大学院大学は、専門職大学院です。本学入学のためには、出願資格(受験資格)を備えたうえで出願手続を執り、入学試験に合格することが必要です。
出願資格の確認、出願期間、出願の手続、及び入学試験の内容などに関しては、この後の各入試説明を確認するほか、本学の入学試験要項を請求のうえ確認してください。

■学位論文(修士論文)作成希望者の提出書類

→  論文指導は、(1)会計学(財務会計分野に限る)の研究に関わる学位論文指導、(2)税法の研究に関わる学位論文指導のいずれかとなります。
 修士論文の作成を希望する方は、出願時に、通常の出願書類に加え、研究計画書も提出してください。研究計画書の用紙は、ホームページからダウンロードできます。(下の研究計画書)

■2020年度 入学試験要項(「大原大学院大学入学志願書」つき)の請求

2020年度入学者用の入学試験要項が完成次第ご案内いたします。

→ 入学案内(パンフレット)と合わせて、無料にて、送付します。

※個人情報の取り扱いについて
入学試験要項の請求にあたってお知らせいただいた氏名、住所その他の個人情報は、「入学試験要項送付」「入学試験案内送付」に関連する業務のために使用します。

個人情報の管理については、大原学園グループ「個人情報保護規程」に基づいて適切に取り扱います。

■2020年度 入学試験要項、各出願書類等の閲覧

2020年度入学者用の入学試験要項等は、完成次第ご案内いたします。

→ 以下より閲覧、印刷、ダウンロードして確認することができます。

入学試験要項 入学志願書 研究計画書 自己推薦書 小論文(AO入試用) 小論文(留学生特別入試用)
Adobe Reader

一般入試

会計学の筆記試験と面接試験により選考を行います。

出願資格 以下のいずれかに該当する方が出願できます。
  1. 大学を卒業した者、または2019年3月までに卒業見込みの者
  2. 学士の学位を授与された者、または2019年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 我が国において、外国の学校が行う通信教育における16年の課程を修了した者
  5. 我が国において外国の大学の課程を有するものとして指定された教育施設において、その課程を修了した者
  6. 指定された専修学校の専門課程(4年制)を修了した者、または2019年3月までに修了見込みの者
  7. 文部科学大臣の指定した者
  8. 本学の個別入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者で、2019年4月1日までに22歳に達する者

■個別入学資格審査について

→個別入学資格審査とは、2019年4月1日現在22歳に達する者で、短期大学、 高等専門学校、専修学校、各種学校、中国の3年制大学(専科)の卒業者 など大学卒業資格を有していない者を対象として、審査の結果、大学を卒業 した者と同等以上の学力があると認められた場合、本学入試への出願を認めるものです。審査料はかかりません。
個別入学資格審査を受けたい方は所定の方法に基づき、申請書類を提出してください。(手続きの詳細は「入学試験要項」16頁参照)

個別入学資格審査申請書
試験方法 1. 筆記試験 2.面接試験
入学検定料 20,000円(出願時に普通為替証書を送付)
留意事項 上記3. 4. 5 については、出願前に、大原大学院大学 事務局 入試係に個別にお問い合わせください。
一般入試(サンプル問題)

自己推薦入試

所定の出願資格を有する者を対象として、書類審査と面接試験により選考を行います。

出願資格 以下の1. と2. の両方の条件に該当する方が出願できます。
  1. 一般入試の出願資格と同じ
  2. 以下のいずれかに該当する方
    • (1)日商簿記検定2級以上に合格している者
    • (2)全経簿記検定1級以上に合格している者
    • (3)税理士試験一部科目に合格している者
    • (4)公認会計士試験短答式試験に合格している者
試験方法 1. 書類審査 2. 面接試験
入学検定料 20,000円(出願時に普通為替証書を送付)
留意事項 一般入試の留意事項を参照してください。

AO入試

基礎学力や学習意欲等を重視し、会計学の筆記試験を行わず、書類審査(小論文を含む)と面接試験により選考を行います。

出願資格 以下の1. と2. の両方の条件に該当する方が出願できます。
  1. 一般入試の出願資格と同じ
  2. 日商簿記検定2級以上を取得していない者は、合格後、本学の入学前学習制度を利用して、入学するときまでに日商簿記検定2級を取得する意志と用意のある者
試験方法 1. 書類審査 2. 面接試験
入学検定料 20,000円(出願時に普通為替証書を送付)
留意事項 一般入試の留意事項を参照してください。

留学生特別入試

留学生を対象として、基礎学力や学習意欲等を重視し、会計学の筆記試験を行わず、書類審査(小論文を含む)と面接試験により選考を行います。

出願資格 以下のすべてに該当する方が出願できます。
  1. 一般入試の出願資格と同じ
  2. 留学生として在留資格を有し、2019年3月末までの在留期間を有している者
  3. 日本語能力試験N2以上を認定されている者
  4. 修士論文の作成を志望しない者
  5. 日商簿記検定2級以上を取得していない者は、合格後、本学の入学前学習制度を利用して、入学するときまでに日商簿記検定2級を取得する意志と用意のある者
試験方法 1. 書類審査 2. 面接試験
入学検定料 20,000円(出願時に普通為替証書を送付)
留意事項 一般入試の留意事項の留意事項を参照してください。

科目等履修生募集

 科目等履修生は、社会人等に対する多様な教育機会の提供等を行うため、正規学生の教育に支障をきたさない範囲において、正規学生以外の者であっても本学で開設されている特定の科目を履修し、一定の単位を修得することができる制度です。

 社会人の方で大学院において生涯学習の機会を得たいと考えている方、大学院の進学を検討している方で正規学生として入学する前の準備期間として大学院の授業を受講してみたい方等、関心のある方はこの科目等履修生制度をご活用ください。

出願資格 正規学生の一般入試の出願資格と同じ
試験方法
  1. 春学期出願(受付科目:春学期開講科目・秋学期開講科目)
    2019 年 2月27日(水)〜 3月 5日(火)
  2. 秋学期出願(受付科目:秋学期開講科目)
    2019 年 8月21日(水)〜 8月27日(火)
選考方法 書類審査(必要に応じ面接を実施)
履修可能科目 本学が開講する演習科目・論文指導以外の授業科目
選考料 10,000円
ご案内 2019年度 募集要項の閲覧 →PDFファイルにより閲覧、印刷、ダウンロードして確認することができます。
科目等履修生募集要項 科目等履修生志願書/履歴書 Adobe Reader
CONTENTS
  • 大学院概要
  • カリキュラム
  • 授業科目・学位授与等
  • 教員・教員活動
  • 学生生活
  • 入試案内
  • 問合せ・資料請求

講義は大教室で、論文指導や演習科目にはゼミ室を使用。

学習に必要な図書および雑誌を所蔵するほか、各種検索エンジンで資料検索が可能です。

学生ラウンジ。談話や食事に自由に利用できます。

大学院専用自習室。各机にLANが設置してあります。朝8時から夜9時30分まで利用できます。

学生相談室。学年担任制をとっていますので、気軽に学習・生活相談ができます。

資料の保管に便利な個人ロッカーを完備しています。