本文へジャンプ

社会保険労務士試験合格発表について

社会保険労務士講座

Information

第50回(2018年度)社会保険労務士試験合格発表を受けて『講評』

2018年11月9日(金)、第50回社会保険労務士試験の合格発表が行われました。
合格者の概要は以下のとおりです。
第50回社会保険労務士試験は、8月26日(日)に全国19都道府県の会場で実施され、その結果は以下のとおりです。

受験申込者数 49,582人(前年49,902人、対前年 0.6%減)
うち科目免除者 1,126 人(うち公務員特例の免除者570人)
受験者数 38,427人(前年38,685人、対前年 0.7%減)
うち科目免除者 982人(うち公務員特例の免除者495人)
受験率 77.5%(前年 77.5%)
合格者数 2,413人(前年 2,613人)
うち科目免除者 90人(うち公務員特例の免除者62人)
合格率 6.3% 前年6.8%

また、合格者の構成は次のとおりです。

年齢別 職業別 男女別
  • 20歳代以下・・・9.2%
  • 30歳代・・・・・29.5%
  • 40歳代・・・・・32.8%
  • 50歳代・・・・・19.2%
  • 60歳代以上・・・9.3%
  • 会社員・・・・・57.4%
  • 無職・・・・・・13.6%
  • 公務員・・・・・6.2%
  • 団体の職員・・・5.3%
  • 自営業・・・・・5.2%
  • 役員・・・・・・3.1%
  • 学生・・・・・・0.5%
  • その他・・・・・8.7%
  • 男性・・・65.1%
  • 女性・・・34.9%
※最年少者20歳、最高齢者84歳

合格者は、労働社会保険諸法令の事務に2年以上従事、または厚生労働大臣が指定した講習を修了後に、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、社会保険労務士※となることができます。
※ 社会保険労務士登録者数は41,780人(平成30年9月30日現在)

合格基準及び配点

合格基準

本年度の合格基準は、次の2つの条件を満たした者を合格とする。

  • (1)選択式試験は、総得点23点以上かつ各科目3点以上(ただし、社会保険に関する一般常識及び国民年金法は2点以上)である者
  • (2)択一式試験は、総得点45点以上かつ各科目4点以上である者
配点
  • (1)選択式試験は、各問1点とし、1科目5点満点、合計40点満点とする。
  • (2)択一式試験は、各問1点とし、1科目10点満点、合計70点満点とする。