公認会計士・税理士系

首都圏・東北専門課程就職率

99.1%

2021年度卒業生
就職希望者2,977名中2,953名
(2022年3月31日現在)

公認会計士・税理士系
kv02

圧倒的な合格実績を支える
3つのポイント

01

各科目のプロによる
徹底指導で合格へ導く

02

合格ノウハウを蓄積した
オリジナル教材

03

きめ細かい指導で
簿記初心者でも安心

就職・資格の合格実績

2021年 公認会計士試験
論文式合格者数

36
  • ※大原公認会計士コースの専門課程生のうち、該当年度において最終合格した者。
  • 全国専門課程実績(2022年3月31日現在)

2021年 公認会計士試験
短答式合格者数

64

(2021年Ⅱ回64名)

  • ※2021年Ⅰ回試験は中止
  • 全国専門課程実績(2022年3月31日現在)

2021年度(第71回) 税理士試験
官報合格者数(5科目合格者等)

7
  • 大原税理士コースの専門課程生( 該当年度の卒業生まで含む) のうち、税理士試験合格に必要な受験科目の過半数に合格し、かつ該当年度において官報合格した者。
  • 全国専門課程実績(2022年3月31日現在)

2021年度(第71回) 税理士試験
科目別のべ合格者数

309
  • 科目別のべ合格者数は、簿記論124名、財務諸表論141名、法人税法10名、相続税法14名、消費税法19名、固定資産税1名の合計となります。
  • 全国専門課程実績(2022年3月31日現在)

就職実績

全国専門課程 就職率(2021年度卒業生
就職希望者5,855名中5,800名)
99.0%
首都圏・東北専門課程
就職率(2021年度卒業生
就職希望者2,977名中2,953名)
99.1%
大手・優良企業への
就職者数(2021年度卒業生 全国専門課程実績)
3,527
全国規模の大原学園
グループならではの
求人企業数(2021年度卒業生 全国専門課程実績)
13,966

(2022年3月31日現在 全国専門課程実績)

  • 首都圏・東北専門課程とは、東京校、池袋校、立川校、町田校、横浜校、千葉校、津田沼校、柏校、大宮校、水戸校、宇都宮校、高崎校、甲府校、長野校、松本校、山形校、盛岡校です。

この学科の特色

あなたの学習ペースに合わせてコースが選べます。

公認会計士コース

簿記が初めてでも安心。
じっくりと学習したいあなたに…

公認会計士コース
入学後、確実にステップアップして、公認会計士試験合格を狙います。初年度は短答式試験の科目を中心に、論文式試験の一部科目合格を目指し学習していきます。重点ポイントの反復学習により自然と基礎が身につき、着実にレベルアップしていきます。

税理士コース

簿記を知らなくても大丈夫!
じっくりと学習したいあなたに…

税理士コース
簿記は初めてだからじっくりと勉強したいという人には、税理士コースがおすすめ。このコースではゼロからスタートして2ヵ月で無理なく2級合格レベルまで到達できます。大原では、6月の検定で最高100%合格しているので、普通高校出身者は不利ということは一切ナシ!税理士試験は何年かかっても、最終的に5科目合格すればOKだし、卒業後の合格サポートも万全なので、焦らず自分のペースで勉強したい人にぴったりです。

在校生の1日

クラスメイトと充実した毎日を過ごしています。授業で分からないところがあっても、すぐに先生に質問できるので安心です。

キャンパスライフ

大原学園の学生生活は、勉強や資格取得以外にもさまざまなイベントが盛りだくさんです!
思い出に残るイベントを通して、充実した学生生活を送ろう!

夢を叶えた先輩たち

資格を活かして女性にもチャレンジしてほしいです。

主に上場企業の会計監査業務に携わっています。上場企業は四半期決算なので、3ヵ月ごとに提出された書類の有効性などを確認します。社内の不正防止のために行われる内部統制監査は一年を通じて行っています。今後は上場企業のインチャージ(主査)を経験することで、自身のスキルアップに繋げたいと考えています。この業界はまだ女性が少ないですが、女性がさまざまなライフイベントの中でも、継続して仕事を続けられるサポート制度もあり、資格があれば女性も活躍できる仕事なのでぜひチャレンジしてほしいです。

信頼されている関係性を監査先企業と築けています。

主に上場企業や新規上場を目指す会社、投資事業の監査を担当しています。上場企業の経理の方から会計処理や開示処理についてお問い合わせをいただく際は、頼りにされていると励みになります。同時に、頼っていただける関係性を監査先企業と築けているという点が仕事のやりがいとなっています。今後は今以上に税法に強くなり自分の強みにしていきたいです。

専門家として頼りにしていただけて、お客様の役に立てるのが嬉しいです。

公認会計士の仕事は財務諸表の監査がメインではありますが、M&Aや株式上場を専門とする会計士もおり、その仕事範囲はとても広大です。限界まで考え抜く仕事は楽しく、想像もしていなかったほどに自分を成長させてくれます。幅広いお客様との業務を経験し、いずれは自分の強みとなる専門分野を持ちたいと考えています。

お客様の不安を取り除くことを意識しています。

相続税申告を中心とした申告業務や、不動産の運用や保険の提案を行っています。申告業務を通じて、お客様の不安をできる限り取り除けるよう意識しています。ルーティンワークではなく、日々新しい知識が必要なため、毎日新鮮な気持ちで仕事に取り組めることがこの仕事の魅力です。申告業務以外のサービスをどれだけ提供できるかが、今後の税理士としての価値に繋がると考えているため、積極的に多彩な業務に挑戦したいです。

顧客を大切にし事務所を大きくしていきたいです。

法人の顧問先に対する月次の記帳代行や決算業務、個人の確定申告、各種申告書の作成などをしています。頑張っていれば周りが見てくれているという考えに基づき、業務以外にも雑務などを何でも行い周りから評価してもらい、結果に繋がった時はとても嬉しいです。今後は事務所の基盤を整えて、従業員数や顧問先の件数を今以上に増やしていきたいです。同時に、従業員の働きやすさや満足度といった視点も意識したいと思います。

「いつもありがとう」というお客様の言葉が、本当に嬉しいです。

大原在学中に、卒業生の方々から「やりがいのある仕事だよ」とお聞きしていたので、この仕事への想いが強まりました。お客様の悩みは多種多様で、それを解決するのは大変なこともありますが、壁を乗り越えて感謝の言葉をいただけた時は大きな達成感があります。お客様の幅広い悩みに対応できるように勉強を続けます。

経営者をサポートできるこの仕事に、大きなやりがいを感じています。

会計監査や事業承継、M&Aなどの業務に携わっています。自分一人で担当しているお客様もいるので責任も大きいのですが、その分成長にもつながっていると思います。さまざまな事業を手掛ける経営者と直接お話をすることができ、他の仕事ではなかなかできない経験ができています。今後は仕事の幅を広げていきたいです。

  • 大原学園全国専門課程の卒業生です。本掲載内容及びコメントは取材当時の状況に基づいておりますので、現在とは必ずしも一致しないことがございます。

よくある質問

公認会計士・税理士系

日商簿記1級や税理士・会計士のクラス合格率はどのくらいですか?

日商簿記検定1級を例にすると、日本商工会議所が発表している合格率の約3~4倍ほどの合格率を誇ることもあります。

どのコースに入ればどの職種に就職しやすいですか?

公認会計士コース・税理士コースともに、会計に関する職種に就職することが可能です。会計の知識や資格を取得することにより、どんな業界にも有利な就職活動ができます。

公認会計士以外の資格はとれますか?

日商簿記検定1級・2級や全経簿記検定上級などの資格を取得することが可能です。

カリキュラムの内容について詳しく教えてください

主に下記の授業を行います。
簿記を初歩から学び、簿記検定1級・2級、全経上級の学習などを行います。

【税理士コース】

税理士科目(簿記論・財務諸表論・消費税法・相続税法・法人税法など)5科目合格を目指すカリキュラムです。

【公認会計士コース】

公認会計士試験の短答式試験及び論文式試験の合格を目指すカリキュラムです。
各コースページにカリキュラムの詳細がございます。

社会人の方等へ

集中資格取得コースのご案内

圧倒的な学習時間や問題演習で、最短合格や新卒就職を目指します。

資格の講座(社会人講座)のご案内

Wスクールや社会人の方の資格取得をサポートします。

オープン
キャンパス
資料請求
お問合せ