• パンフレット請求
  • オープンキャンパス

救急救命士救急救命士

救急救命士コース 設置校

救急救命士とは

救急救命士は厚生労働大臣が認定する国家資格で、傷病者に救命処置を施す救急医療のスペシャリストです。救急現場(主に救急車内)において、救急患者の症状が急変したときに「器具を用いた気道の確保」、「AEDによる心拍の回復」、「静脈確保」などの医療行為におよぶ場合には医師と連絡(メディカルコントロール)を取りながらの処置となり、その特定行為が認められていて極めて重要な役割を担っているのが救急救命士です。自然災害なども多い日本では今後も需要が高まる仕事です。
[イメージ]救急救命士コース [イメージ]救急救命士コース2
救急救命士になるには
救急救命士(国家資格)の資格を得るには、救急救命士法34条で定められた救急救命士養成所にて、所定の単位を修得し、救急救命士国家試験に合格する必要があります。また、救急救命士として消防署で働くためには、消防官採用試験(公務員採用試験)に合格する必要があります。2021年10月に改正救急救命士法が施行され病院内でも救急救命処置ができるようになり、病院勤務の救急救命士が増加することが見込まれます。

救急救命士取得までの流れ

ここをチェック!

[イメージ]救急救命士コース3

最新の設備で実践的な実習

さまざまな救急救命処置ができるように、あらゆる救急現場を想定した実習を最新の設備で行うので、実践力が身につきます。

万全の公務員試験対策

公務員試験を知り尽くした大原だからできる消防官試験合格に向けて出題傾向を研究し尽くしたテキストと、合格のポイントを押さえたカリキュラムで、消防官試験最終合格へ導きます。

スケジュール

年間スケジュール
時間割